Right Here All Along / Ali Ollie Woodson

aliollie.jpg

01. Turn Out The Stars
02. Angel
03. Drama In The Bedroom
04. Power Of A woman
05. Whatever It Takes
06. Will You Still Love Me Tomorrow?
07. Deeper Love
08. Get next To You
09. Love's Not All
10. Believe That
11. Never Give Up
12. Down The Line
13. Love is Slipping Away
14. Right Here All Along

のっけから何なんだが、正直言ってアリ=オリーは一時期苦手としていたことがある。
テンプテーションズといえば60〜70年代の時代から入り(いや、テンプス初体験は、今ではPファンク軍団がゲスト参加したことで有名な、当時はジャニーズのナンバーワングループ、フォーリーブスが「Happy People」をカヴァーした事で有名な「A Song For You」からなんだけど)
オレの大好きなモータウン・マナーを覆した張本人、みたいな感じがして。
ま、当然自分の勝手な思い込みなので、そういった偏見はもうとれてますが。
ここでは、テンプス時代のようなタキシード系のソウルじゃなくて、自分の持っているストリート直送のヴォーカルが楽しめます。
モータウン・マナーの残滓を感じることができる(3)あたりはテンプス時代からのファンを喜ばせるんじゃないかな。
キャロル・キングのカヴァーはまあまあ及第点。
ならばライヴでがんがん行くGAPバンドの「Outstanding」あたりカマしてほしかった。
アル・マッケイもプロデューサーでついてることだし。
個人的にはおねいちゃんといっしょの時に使えそうな(7)(8)が好み。
アリ様も股間抑えつつもハチきれそうだぜ的歌唱で迫ります(笑)。
(11)なんかは流行のアイズレー・ブラザーズ・テイストが入ってるかな。
アリ様もついうっかり「ナナナ〜♪」とか歌ってるし。
全体的には、ソウルをわかってる英国エクスパンション製ともあって良質のソウルに仕上がっています。
もっと早く出せたらというのは今現在のベテランシンガーの状況からいって酷な注文でしょうか。

添付ファイル: filealiollie.jpg 1218件 [詳細]