Anthology / Clifton Chenier

clifton.jpg

01. Eh, Petite Fille (Chenier)
02. Louisiana Stomp (Chenier)
03. All Night Long (Chenier)
04. The Cat's Dreamin' (Chenier)
05. My Soul [*] (Chenier)
06. Standing on the Corner (Chenier)
07. The Big Wheel (Squeeze Box Shuffle) (Chenier)
08. Baby Please [*] (Chenier)
09. Bayou Drive [Sloppy] (Chenier)
10. Night and Day My Love (Chenier)
11. If I Ever Get Lucky (Chenier)
12. It Happened So Fast (Chenier)
13. Hey Ma Ma (Chenier)
14. Ay, Ai Ai (Chenier)
15. Bon Ton Roulet (Chenier)
16. Hot Rod (Chenier)
17. I Am Coming Home (Chenier)
18. Johnny Can't Dance (Chenier)
19. Tu le Ton Son Ton (Every Now and Then) [*] (Chenier)
20. Zydeco Cha Cha [*] (Chenier)
21. Josephine Par Se Ma Femme (Josephine Is... (Chenier)
22. I'm on the Wonder [*] (Chenier)
23. I'm a Hog for You (Chenier)
24. Tighten-Up Zydeco (Chenier)
25. One Step at a Time [*] (Chenier)
26. Zydeco Sont Pas Sale (Snapbeans Ain't... (Chenier)
27. Cotton-Picker Blues (Chenier)
28. The Hucklebuck (Williams)
29. Easy Easy Baby (Chenier)
30. Ride 'Em Cowboy [*] (Chenier)
31. Sa M'Appel Fou (They Call Me Crazy) (Chenier)
32. Bogalusa Boogie [*] (Chenier)
33. My Babe performed by Chenier / Rod Bernard
34. Choo Choo Ch'Boogie (Darling/Gabler/Horton)
35. Roadrunner (Chenier)
36. Shake It, Don't Break It (Chenier)
37. I'm the Zydeco Man (Chenier)
38. Love Me or Leave Me (Chenier)
39. What'd I Say (Charles)
40. Hot Tamale Baby (Chenier)

ルイジアナといえば、スリム・ハーポに代表されるようなユル〜いサウンドのブルーズがぱっと思い浮かびますが、僕にとっては、もう一つ、ザディコ・ミュージックという音楽が思い浮かびます。
もちろん、ラジオや、TVなどでチョコチョコ聴いてはいましたが、ちゃんと聴くのは、このCDが初めて。
ルイジアナは、ニュー・オーリーンズとともにフランス系の移民が多く、アメリカの中でも独特の音楽文化が育った場所ですが、ザディコもそれに漏れず、アコーディオン大活躍、土着ビート横溢の地域密着型ダンス・ミュージックと言えましょう。
このクリフトン・シェニエは、ザディコ・ミュージックの創始者ともいえる重要人物の一人で、この人がいなければ何も始まらないという偉大な御仁。
基本的には、アコーディオンで、ブルーズ/ブギを演奏するというスタンスで理解してもらうのが一番ですが、まあリクツでどうこうっていう音楽ではなく、とりあえずそのノリノリさを楽しむのが正解でしょう。
このCDは、2枚組でリイシュー編集には定評のあるライノ・レコードから出されたもので、シェニエのキャリアをほぼカヴァーすることができて、お買い得。
個人的には、シェニエ初録音の「Louisiana Stomp」が音質悪いものの、やたら元気に突っ走ってて、凄く気に入りました。
この手の音楽は録音年月が後期に入って音質良くなると、なんかつまんないな(笑)。
バッドな音質でもいいからガンガンに荒くれつつ突っ走ってほしいと思うのは自分だけかな?
レイ・チャールズの「What'd I Say」なんかもやってるし。
高校、大学の頃は、この手の土臭いのはあんまり聴いてなかったですが、最近はとみに気に入ってます。
う〜ん、次は、ケイジャン?テックスメックス?

添付ファイル: fileclifton.jpg 544件 [詳細]