The 1st Cuba Gooding Album / Cuba Gooding

cubagooding.jpg

1. Mind Pleaser
2. All I Can Give You Is Love
3. Where Would I Be Without You
4. Hold on to What You Got
5. Fool of the Year
6. We're in Love
7. Ain't Nothin' to It
8. Someone to Go Home To
9. As Long as There's You

元メイン・イングリディエントのリード・ヴォーカルだったキューバ・グッディングが78年にモータウンから出した文字通りのファースト・ソロ・アルバム。
メイン・イングリディエントじたいをまともに聴いた事がないのでよく知らないんですが、なんかよく売れたグループみたいです(笑)。
まずは爽快なアップ・ナンバー(1)でノックアウト!
こういうツカミの部分をしっかりするっていうのは大事だなあとつくづく思います。
(4)も今聴くと若干時代を感じさせるものの、当時のAORが好きな人にはたまらないかと。
スロウなら(3)が一番。
(6)のミディアムもいいなあ〜。
キューバさんのテナー系の暖かみのある誠実な歌い口がイイ味出してます。
(7)(8)が妙に古くさい、というかまっとうなノーザン風ソウル。
アーバンな雰囲気になじんだ耳には少々面食らいますが。
ランバード&ポッターというプロデューサー・チームが制作にあたっているみたいですが、全然知りません。
コモドアーズの「Nightshift」に関わってるとかいう情報みたいですが。
あとはデヴィッド・フォスター他のAOR系凄腕ミュージシャンが関わっているだけあって、都会の夜をアーバンに彩るナイスなアルバムに仕上がっています。
捨て曲ナシ、フューチャー・フライトとかペリー&サンリンなどあのへんがイケるなら迷わずおすすめのアルバム。

添付ファイル: filecubagooding.jpg 485件 [詳細]