The Best Of / De La Soul

delasoul.jpg

Disc 1:
1. Me Myself and I [Radio Version] / Birdsong, Clinton, Huston ... / 3:44
2. Say No Go / Allen, Hall, Huston, Jolicoeur ... / 4:21
3. Eye Know / Becker, Fagan, Huston ... / 4:12
4. The Magic Number / Huston, Jolicoeur, Mason ... / 3:16
5. Potholes in My Lawn [12 Vocal Version] / Allen, Brown, Dickerson ... / 3:49
6. Buddy / Davi, Hall, Huston, Jolicoeur ... / 4:55
7. Ring Ring Ring (Ha Ha Hey) [UK 7 Edit] / Huston, Jolicoeur, Mason ... / 4:07
8. A Roller Skating Jam Named "Saturdays" / "Davis, Huston, Jolicoeur ... / 4:01
9. Keepin' the Faith / Adams, Arrington, Hicks ... / 4:44
10. Breakadawn / Greene, Huston, Jolicoeur ... / 4:15
11. Stakes Is High / Jolicoeur, Mason, Mercer ... / 5:30
12. 4 More / Hall, Jolicoeur, Mason ... / 4:19
13. Oooh. [Original Version] / Jolicoeur, Mason, Mercer ... / 3:34
14. All Good? / Jolicoeur, Khan, Mason, Mercer ... / 5:00
15. Thru Ya City / Jolicoeur, Mason, Mercer ... / 3:28
16. Baby Phat / Jolicoeur, Mason, Mercer, West / 3:50
17. Watch Out / Jolicoeur, Mason, Mercer, West / 3:36

Disc 2:
1. Buddy [Native Tongue Decision Version] / Hall, Huston, Johnson ... / 7:16
2. Stakes Is High [Remix] / Jolicoeur, Mason, Mercer / 4:48
3. The Bizness / Jolicoeur, Lynn, Mason, Mercer / 5:42
4. Stone Age / Jolicoeur, Mason, Mercer / 4:11
5. Big Brother Beat / Anselm, Beze, Jolicoeur, Mason ... / 3:43
6. 4 More [Clean Version] / Hall, Jolicoeur, Mason ... / 4:20
7. So Good / Jolicoeur, Mason, Mercer ... / 4:27
8. I.C. Y'all / Allen, Brown, Dickerson ... / 3:23
9. Held Down / Jolicoeur, Mason, Mercer / 4:54
10. What We Do (For Love) / Jolicoeur, Mason, Mercer ... / 5:05

ライノ編集、トミーボーイ時代におけるデ・ラ・ソウルのベスト盤を。
デ・ラ・ソウルはア・トライブ・コールド・クエストとならぶいわゆる「ニュー・スクール」の代表的グループですが、こっちのほうが先か。

とにかくネタ使いのセンスが尋常ではなく、ファースト・アルバム「3 Feet High And Rising」ファンカデリックの「(Not Just) Knee Deep」ネタの(1)のようなドロドロのファンクネタのみならず、ホール&オーツ「I Can't Go For That」の(2)、スティーリー・ダン「Peg」ネタの(3)と非黒人のサンプリングにも積極的で、キッズ・ソングの「Three Is A Magic Number」までもネタにするその姿勢は音作り重視の日本のヒップホップ界にも影響を与えている・・・、はず。

セカンド・アルバム「De La Soul Is Dead」はさらにネタ使いの手が込んでおり、インスタント・ファンク「I Got My Mind Made Up」のイントロからマイティ・ライダーズ「Evil Vibrations」になだれ込み、さらにシカゴの「Saturday In The Park」を織り込んだ(8)、ボブ・ジェイムズの「Sign of the Times」のイントロからスレイヴの「Just a Touch of Love」のベースにラン・DMCの「Walk This Way」のリズムを乗せた(9)がスゴイ。

サード・アルバム「Buhloone Mindstate」からはマイケル・ジャクソン「I Can't Help It」ネタの(10)収録のみ、4枚目あたりからニュー・クラシックスにあわせたかかなりドープなつくりになっていきます。

ディスク2はリミックスを集めたトラック集で客演陣も豪華で、ジャングル・ブラザーズ、ATCQといったネイティヴ・タンの同期に加え、先輩格のビズ・マーキー、後輩のバスタ・ライムス、コモン、モズ・デフ、シー・ローといったメンツが参加。
(5)の電子音はYMOの「Computer Game」のサンプリングなのか?

デ・ラ・ソウルの歴史が一望できる一枚として重宝しております。

添付ファイル: filedelasoul.jpg 375件 [詳細]