Damita Jo / Janet Jackson

damita.jpg

01. Looking for Love (Dumont/Haeri/Hetier/Jackson/Ritzs ) - 1:29
02. Damita Jo (Avila/Avila/Harris/Jackson/Lewis ) - 2:45
03. Sexhibition (Andrews/Austin/Jackson ) - 2:29
04. Strawberry Bounce (Atkins/Carter/Harris/Irving/Jackson/Lewis/Tolbert/West ) - 3:10
05. My Baby performed by Jackson /Kanye West - 4:17
06. The Islands (Harris/Jackson/Lewis ) - 0:39
07. Spending Time With You (Avila/Avila/Harris/Jackson/Lewis ) - 4:14
08. Magic Hour (Harris/Jackson/Lewis ) - 0:23
09. Island Life (Dennis/Jackson/Storch ) - 3:53
10. All Nite (Don't Stop) (Bagge/Birgisson/Hancock/Harris/Jackson/Lewis/Tolbert ) - 3:26
11. R&B Junkie (Harris/Jackson/Jones/Lewis/Tolbert/Trevisick ) - 3:10
12. I Want You (Bacharach/Ben-Ari/David/Lilly/Stephens/West ) - 4:12
13. Like You Don't Love Me (Avila/Avila/Harris/Jackson/Lewis ) - 3:39
14. Thinkin' Bout My Ex (Babyface/Cramer/White ) - 4:33
15. Warmth (Harris/Jackson/Lewis/Stinson/Tolbert ) - 3:44
16. Moist (Avila/Avila/Harris/Jackson/Lewis/Tolbert ) - 4:54
17. It All Comes Down to Love (Harris/Jackson/Lewis ) - 0:38
18. Truly (Harris/Jackson/Lewis ) - 3:58
19. The One (Harris/Jackson/Lewis/Ritz ) - 1:01
20. Slolove (Bagge/Birgisson/Danvers/Jackson/Poole ) - 3:44
21. Country (Harris/Jackson/Lewis ) - 0:30
22. Just a Little While (Austin/Jackson ) - 4:13

ジャネット・ジャクソンは出世作「Control」からリアルタイムで聴いており、「Rhythm Nation 1814」では東京ドームのコンサートにも行ったし(列島はおりしもM.C.ハマー〜ボビー・ブラウン・ブームに沸いておりました)、嫌いじゃありません。
細い声質を逆手にとった彼女独特のコーラスのつけかたなんかはけっこう個性になってるし、ひょっとすると宇多田ヒカル(の制作ブレーン)あたりなんか影響を受けてるんじゃないかと。
本作は例のオッパイ騒動でミソをつけたかたちでのリリースでしたが、内容そのものはわりとまっとうでした。
今回は盟友ジャム&ルイスの他にもダラス・オースティン、ジャーメイン・デュプリ、ベイビーフェイスをプロデューサーに迎え、インターリュードを重ねつつ進みますが、冒頭の(2)はわりと勢いのあるチューンで気に入りました。
とはいうものの、アッパーに関してはやはり(11)みたいな前作「All For You」みたいな80年代レトロ・ファンク路線を踏襲したチューンの方があってます。
スロウはジャム&ルイス制作の一連のがやはり素晴らしいですが、ベイビーフェイス制作の(14)も悪くない。
しかしオマケみたいにくっついてる一番つまんない(22)をシングルに持ってくる神経がわからん。
ダラス・オースティンもボケちまったのかな。
個人的にはジャネットとジャム&ルイスががっちり組んだ、精緻かつ大胆な93年の「Janet.」がやはり一番すげえなということで。
あとCCCDはやめたほうがいいよ。

添付ファイル: filedamita.jpg 67件 [詳細]