Jesse Powell / Jesse Powell

jpowell1.jpg

01. Looking for Love (Chambers/Powell/Robinson) - 3:59
02. All I Need (Nkhereanye/Powell/Salter/Stewart) - 4:59
03. Spend the Night (It's Alright) (Powell/Stewart/Stokes) - 4:40
04. I Like (Chambers) - 4:35
05. You Don't Know (Simmons/Simmons) - 5:02
06. You (Powell/Roland) - 5:16
07. The Enchantment Medley: Gloria/It's You That I Need(Johnson/Lanier/Sotkes) - 7:18
08. Ooh, I Like It (Harrell/Powell/Stewart/Stewart) - 5:16
09. Let Go (Simmons) - 4:47
10. If You Like What You See (Brown/Parker/Powell) - 5:28
11. All Alone (Lewis/Williams) - 5:39
12. I Will Be Loving You (Simmons) - 7:05
13. Is It Over (Powell/Roland) - 5:04

MCAのルイル・サイラス・Jr(故人)が発掘した新人ソロ・ヴォーカリスト。
96年といえば未だ空前のヴォーカル・グループ・ブームの真っ最中だったので、彼のような存在はとりわけ新鮮にうつりました。
丁寧に丁寧に歌い込んでいくその姿にシビれました。
プロデューサーにはDaryl Simmons他手堅い布陣で臨み、ルイル・サイラス・Jrの期待の高さがわかるというものです。
注目はやはりエンチャントメント・メドレーの(7)でしょうか。
どうもアレンジがエンチャントメントとおんなじだなと思ったら、プロデュースはそのエンチャントメントをプロデュースしていたMichael Stokes。
Michael Stokesが書いた曲を、本人のプロデュースで再度ジェシーに歌わせるその手法は初めてじゃないかな。
ジェシーもその期待に応えて大熱演、この歌いっぷりで、注目を集めたと言っても過言ではないでしょう。
個人的にはミント・コンディション制作の(11)がお約束の大仰アレンジのスロウで大好き(笑)。
細目のテナーで、ストークリーと声の質が似ているので、整合性も抜群です。
当然おすすめ。

JP / Jesse Powell

jpowell2.jpg

01. It'll Take the World (Herbert/Williams)
02. If I (Jordan/Powell/Thomas)
03. I'm Leaving (Green/Hickson/Jordan/K-Fam/Powell/Powell/Wray)
04. Go Upstairs (Bonner)
05. I Didn't Realize (Allen/Crawford/Jordan/Nelson)
06. I'd Rather Be Alone (Jordan/Kelley/Powell/Robinson)
07. Invisible Man (Colon/Powell)
08. After We Make Love (Jerkins/Powell)
09. Can't Take It (Kelley/Robinson)
10. Take My Breath Away (Powell/Thomas)
11. On Your Mind (Powell/Powell)
12. Something in the Past (Gregory/Hudson/Perkins)

96年に故ルイル・サイラス・Jr(MCAレコードのプロデューサー。
90年代の黒人音楽に実り多い貢献をしてきまし たが、2001年死去。冥福をお祈りします。)によって見いだされ、ファーストでエンチャントメントのメドレーを 含む素晴らしいアルバムでデビュー、セカンドはやや小粒な印象を受けたものの、このサード・アルバムはかな り巻き返してきたなという感じを受けました。
まずは1曲目のミディアム・ナンバー「It'll Take The World」で線の細いテナーながらも感情移入のうまさを見 せつけ、彼の世界へ引きずりこんでくれます。
スロウも「If I」などじっくりと歌いこまれており、駄曲ナシの完成度の高さ。
大半の楽曲をセルフ・プロデュースするなど、楽曲制作の能力も鍛えており、今後が楽しみになってきました。
とにかくロマンティックな楽曲がズラリで、女の子と一緒の時に流しとくといいんじゃないかな(笑)。
これはおすすめです。

Jesse / Jesse Powell

jpowell3.jpg

01. Touchin' It Tonight - 3:39
02. Talkin' in Your Sleep - 3:38
03. Keep on Lovin' - 3:21
04. Lady - 4:32
05. By the Way - 4:18
06. Did You Cry - 4:34
07. I Like It - 4:02
08. Come Back Home - 5:14
09. Ebony - 4:21
10. I Will - 4:37
11. I Want You - 4:16
12. I Cant Help - 4:29

MCA消滅に伴い、レコード会社を移籍したジェシー・パウエルの新作。
日本先行発売されて、アメリカじゃなかなか出てなかったみたいですが、やっとこ本国でもリリースされてるみたいでよかったよかった。
アルバムの内容ですが、MCA時代とは違ってジミなスタッフ達が参加しているものの、全体を通しての丁寧なつくりには好感がもてます。
とはいうものの、冒頭(1)(2)みたいなアッパー・チューンは上滑りしちゃってる感強し。
特に(2)に挿入されてる「イヨ〜」みたいな歌舞伎の掛け声みたいなのがダメダメ(笑)。
このテのサウンドは女性ヴォーカルの方が映えるね。
彼の場合、やはりミディアム〜スロウにその力を発揮します。
(3)以降の作品はジェシー・ワールドへ連れていってくれて満足。
個人的には(4)(9)あたりのしみじみ系のスロウが気に入りました。
そしてジェシー・パウエルといえば、ファースト・アルバムでのエンチャントメント・メドレーの素晴らしさが記憶に残りますが、今回のカヴァーはデバージの(7)とマイケル・ジャクソンの(12)。
どちらも自分の声質を生かしたカヴァーですが、全体的な出来は(12)の方がイイかなあ。
基本的に時流に流されないイイ作品を作り続けているので、レコード会社も簡単に契約切るだけじゃなくて、こういう歌手は土に埋めといても生かしてやってほしいものです。

添付ファイル: filejpowell3.jpg 447件 [詳細] filejpowell2.jpg 454件 [詳細] filejpowell1.jpg 444件 [詳細]