Totally Involved / Jimmy Lewis

jlewis.jpg

01. It Ain't What's on the Woman
02. There Ain't No Man That Can't Be Caught
03. Is That Any Way To Treat A Lady
04. How Long Is a Heartache Supposed to Last
05. Thank You
06. Go On Live Your Life
07. That Won't Stop Me
08. Help Me Understand You
09. When I Build My World
10. Things Got To Get Better
11. Leave Him
12. When You Get A Little Give A Little
13. Who's The Weaker Sex
14. Three Into Two Won't Go
15. She's Gone
16. Careful Man
17. Hot Southern Love

サム・ディーズネタで708さんとこにいろいろ書き込んでたときに708さんに勧められて知ったシンガー。
特筆すべきはデヴィッド・T・ウォーカー他ウェスト・コーストのミュージシャン達が参加しており、サザン・ソウルのスタイルをこういった人達がやってるあたりが面白いところです。
彼のヴォーカルは典型的なディープ・ソウルの唱法で、サム・クック〜オーティス・レディングの流れの中に位置づけられるでしょう。
このアルバムは74年に発表された(1)〜(8)までの同名アルバムに(9)〜(17)までの未発表曲を収録したもの。
個人的に好きなのはやはりしみじみとしたバラードの(1)(4)かな。
74 年ともなると、南部ではハイ・レコードが全盛を迎えており、その影響も多分にあるサウンドですが、(8)あたりのイントロで聴けるギターはデヴィッド・ T・ウォーカーでないと出せない音色で、ここらへんが他のカリカリとしたギターを聴かせるサザン・ソウルと違うところでしょうか。
流通してるのをあんまり見たことないんで、手に入れにくいかもしれませんが、見かけたら買ってあげてください。

コメントなどありましたらどうぞ。


添付ファイル: filejlewis.jpg 397件 [詳細]