Make It Last Forever / Keith Sweat

keiths1.jpg

1. Something Just Ain't Right (Riley/Sweat) - 5:22
2 Right and a Wrong Way (Riley/Sweat) - 5:17
3. Tell Me It's Me You Want (Riley/Sweat) - 4:44
4. I Want Her (Riley/Sweat) - 5:58
5. Make It Last Forever (Riley/Sweat) - 4:55
6. In the Rain (Hester) - 5:42
7. How Deep Is Your Love (Riley/Sweat) - 4:47
8. Don't Stop Your Love (Sweat) - 4:47

97年の一大プロジェクト、LSG(ジェラルド・リヴァート、キース・スウェット、ジョニー・ギル)でも俄然その好調ぶりが目立つキース・スウェットのデビュー・アルバム。
このアルバムに収められた「I Want Her」がスタイルとしてのニュー・ジャック・スウィングの最初のヒットとなり、またこの曲に後述するテディ・ライリーが参加していたこともあって、テディにばかり注目が集まり、キースの実力は不当に低く見られがちでしたが、自らが発掘したSilkのプロデュースを皮切りに、アイズレー・ブラザーズやオージェイズなどの仕事で高い評価を受け、いまや押しも押されもせぬ 立派なプロデューサー/シンガーに成長しました。
また、彼の一方のトレード・マークであるスロウもかなり雰囲気を出しており、このアルバムではドラマティックスの「In The Rain」のカヴァーが注目されました。
彼のアルバムについては91年の「Keep It Comin'」くらいまでがニュー・ジャック系といえますが、94年の「Get Up On It」あたりからニュー・ジャック・スウィングの文脈からはずれた彼は、どちらかといえばアイズレー・ブラザーズに通 ずるトロトロセクシー派に転属、最新作ではそのアイズレー・ブラザーズのロナルド・アイズレーをゲストに充実した作品を作り続けています。
同時期にデビューしたシンガー/プロデューサー達に失速ぎみの人達が多い中、この人の活動には目をみはるものがあります。

I'll Give All My Love to You/ Keith Sweat

keiths2.jpg

01. Interlude (I'll Give All My Love to You) (Sweat/Wooten) - :53
02. Make You Sweat (Gatling/Sweat/Wooten) - 5:15
03. Come Back (Sweat/Wooten) - 4:39
04. Merry-Go-Round (Douglas/Sweat) - 7:29
05. Your Love (Sweat/Wooten) - 5:53
06. Your Love - Part 2 (Sweat) - 5:51
07. Just One of Them Thangs (Sweat) - 6:12
08. I Knew That You Were Cheatin (Sweat/Wooten) - 4:18
09. Love to Love You (Sweat/Wooten) - 4:50
10. I'll Give All My Love to You (Sweat/Wooten) - 5:36

1987年、「Make It Last Forever」で華麗なデビューを飾り、未だにシーンの中央に居座り続けるキース・スウェット。
しかし、デビュー・アルバムでは自分よりもプロデュースについたテディ・ライリーにばかり注目が集まり、たぶん面 白くなかったんでしょう、一念発起してセルフ・プロデュースにてこの作品をつくりました。
2曲目の「Make You Sweat」はNew Jack Swingの名作に仕上がっているし、なんといっても後に彼の大きな持ち味になるスロウの充実ぶりが目を引きます。
特にシビレたのが4曲目の「Merry Go Round」で、このイントロが鳴っただけでも腰がトロけてしまいます(笑)。
そして、7曲目の「Just One Of Them Thangs」では後述するリヴァートのリーダー、ジェラルド・リヴァートとのデュエットが聴けますが、これはジェラルドのヴォーカルが勝ってます。
と、いうよりは彼の場合はヴォーカルで勝負ではなく、その音世界というか、ムードを楽しむべきなんじゃないかなーと思います。
とにかくこれも大推薦!

Keep It Comin' / Keith Sweat

keiths3.jpg

01. Keep It Comin'
02. Spend a Little Time
03. Why Me Baby?
04. I Really Love You
05. Let Me Love You
06. I Want to Love You Down
07. I'm Going for Mine
08. Tellin' Me No Again (There You Go)
09. Give Me What I Want
10. Ten Commandments of Love
11. Keep It Comin' [Smooth Version]

キース・スウェットの好調さがわかる一枚。
前作でかなり自信がついたんでしょう、本作もセルフ・プロデュースでのリリースです。
タイトル曲はニュー・ジャック・スウィング期最後の名曲として記憶されるべきでしょう。
対するスロウはゲストラッパー、L.L. Cool J.がおねえちゃんに向かって掻き口説く3曲目「Why Me Baby」が白眉でしょう。
テディ・ライリーもキーボードで参加してるし。
また、9曲目の「Give Me What I Want」などはこの後彼が進む道を示していて興味深くはあります。
このアルバムを最後に彼はアイズレー・ブラザーズの影響濃いトロトロスウィート派に転属、優れたアルバムを出し続けます。
彼はこの後プロデュース業にも手をだし、Silkのデビュー盤や、アイズレー・ブラザーズ、オージェイズなどのヴェテラン勢に至るまで幅広いアーティストを手掛けます。
ニュー・ジャック期最後の傑作といってよいでしょう。

Didn't See Me Coming / Keith Sweat~

keith6.jpg

01. Intro / Huff, Sweat / 1:04
02. Things / Huff, Sweat / 3:48
03. Whatcha Like / Crawford, Jefferson, Jenkins ... / 4:03
04. Satisfy You / Huff / 2:52
05. I Put U On / Daniels, Jerkins, Jerkins ... / 3:52
06. He Say She Say / Jenkins, Lane, Sweat / 3:56
07. Real Man / Jenkins, Lane, Sweat / 4:31
08. Kiss You / Jenkins, Johnson, Sweat / 4:35
09. I'll Trade (A Million Bucks) (Interlude) / Loving / :55
10. Don't Have Me / Jenkins, Lane, Sweat, Trapp ... / 4:04
11. Tonite / Scott, Sweat / :49
12. Caught Up / Peoples, Spencer III, Sweat ... / 5:18
13. Games / Huff / 4:12
14. I'll Trade (A Million Bucks) / Loving / 4:06
15. Only Wanna Please You / Culler, Grimsley, Sweat ... / 3:55
16. Why U Treat Me So Cold / Huff, Sweat / 3:52
17. I'll Trade (A Million Bucks) [Remix] / Loving, Scott / 6:30

今回のアルバムを買う前に、キース・スウェットの全作品を聴き返してみましたが、87年の「Make It Last Forever」から92年の「Keep It Comin'」までのニュー・ジャック・スウィング期と、SilkやKut Kloseのプロデュースを行ってから、94年の「Get Up On It」から現在までのトロトロスロウ中心期に分けられ、前作までは、スロウの絶好調さは相変わらずですが、やはりアップ・ナンバーにちゃんとしたスタイルを持っていなかったのが個人的な興味を削いだ部分もあったかなと思いました(あ〜、しのぶ姉ごめ〜ん)。
基本的には今作もキープ・コンセプト、アイズレー・ブラザーズの世界の後継者たるべくトロトロスロウの好作が目白押し。
今回は、いろいろなゲストを迎えての作品が目立ち、ヒップホップ界からはバスタ・ライムズ、R&B界からはTLCのTボズ、Men Of Vizion、Ol Skool、リル・モーと多彩。
まずはバスタ・ライムズ等をゲストに勢いをつけてから、Ol Skool、KIKI等がゲストに入ったミディアム・スロウの「Whatcha Like」に入りますが、Ol Skoolがどこにいるかわからん(笑)。
スロウは、Men Of Vizionをコーラスに従えた「Caught Up」が気に入りました。
プロデュースはMen Of Vizionのスパンキー、Men Of Vizionの次作はキースが絡んでくるのかな〜と、かなり楽しみです。
そして、リル・モーちゃんのおねいちゃん声に導かれてはじまる「I'll Trade (A Million Bucks)」がこのアルバムの白眉。
この子はソングライティングからヴォーカル・アレンジメントまで手がけており、なかなかの才媛とお見受けいたしました。
2000年度版「Make It Last Forever」的な雰囲気を醸し出していて、ナイス!
1999年にJOEとマライア・キャリーが、自身の「Make It Last Forever」をリメイクした事へのキース側からの回答、という見方もできますが…。
他のスロウも好調、あとは痛快なアップが一発欲しいところですが、それは贅沢なのかな〜。
今回も好調、おすすめアルバムです。

Sweat Hotel / Keith Sweat

sweathotel.jpg


01. Intro
02. Something Just Ain't Right
03. Don't Stop the Love
04. I'll Give All My Love to You
05. Lose Control - Silk
06. Freak Me - Silk
07. There You Go
08. Right & Wrong Way
09. How Deep Is Your Love
10. My Body
11. Get Up on It - with Kut Klose
12. Twisted - with Kut Klose
13. I Want Her

Bonus:
14. Make It Last Forever - with Jackie McGhee?
15. Let's Chill - Charlie Wilson
16. There You Go - with Akon
17. Nobody - with Athena Cage
18. Just Got Paid - with Johnny Kemp, Teddy Riley, Charlie Wilson, Silk, Kut Klose and Jackie McGhee?

キース・スウェットのライヴDVD。
前にもライヴアルバムは出してたのでまたかよと思っており、今回のライヴアルバムもテディ・ライリーやらシルクやらカット・クロースやらと妙に豪華なゲストがてんこ盛りになってて、前におさむ兄やhiroo兄たちと飲んだときに「絶対これウソだ、どうせ後になってスタジオでテキトーにヴォーカルかぶせてるんだ。オレはだまされない!」とワタクシ意地の悪い主張をしてましたが、ホントに全員ステージに出てた・・・。
すげえビックリ。

オープニングにいきなり登場したのは・・・、テディ・ライリー!
主役より先に出てきてどうする(笑)。
今回はこのライヴのミュージカル・ディレクターみたいですな。
主にキーボード&トーク・ボックスを担当。
気心の知れた仲ということもあってか、サウンドも前回のライヴ盤よりイイかんじ。

そして(5)(6)でピアノを弾いてる悪徳不動産屋みたいなスキンヘッドのオッサンは・・・、リルGじゃねえか!
おまえシルク抜けたんじゃねえのか!?
やるやる言ってたスーパーグループのBlayseはどうなってるんだ!?
・・・しかしそのヴォーカルは健在。
特に(5)の大熱唱にワタクシ大満足。
帰ってきたんならシルクでアルバム作ってください。

(7)でオバハンを客席にあげてひとしきりからんだ後、すいすいとヒット曲を歌いすすみ、(11)では今は亡きジェラルド・リヴァートを悼んで熱唱、観客も総立ちで応えます。
ここが一番の見せ場でしょうか。

以降はボーナス・トラックになりますが、(14)のジャッキー・マギーは若干声量がおちたかなという感じでしたが、(15)のチャーリー・ウィルソンは冒頭じっくりと歌いこみ、エンディングに向けてどんどん盛り上げていくさすがの手管。
大団円の(18)で出てきたシンガーは上島竜兵かと思ったらジョニー・ケンプだったのか・・・。

おまけトラックにはスティーヴィー・ワンダー、K-Ci&JoJo?、ジニュワイン、モニカなどのR&B界著名人達のインタビューがずらりとならび、見所はそれぞれのキース・スウェットのものまね(笑)。
全員キースの癖である右手をプルプル震わせるまねを取り入れておりました。

会場は完全にオバハンたちの回春剤になっちゃっております。
帰りにだんなさんに今夜ぐらいもう一人がんばっちゃう?みたいな。

このメンバーで来日してくれたら25,000円でもたぶんきっともしかしたら絶対いきます(笑)。

キースのソロDVDというよりはキース・スウェット&テディ・ライリー・オールスターズというかたちで見ればなんの違和感もなくなり、90年代のR&B大好きなかたには必携のDVD!と言い切ってしまいましょう。
マジおすすめ!

Image2007-09-07_183344.jpg

いきなり出てきたテディ・ライリー。

Image2007-09-07_183602.jpg

熱唱するキース・スウェット。

Image2007-09-07_183511.jpg

ピアノを弾いてるシルクのリルG。チビデブの悪徳不動産屋だ。

Image2007-09-07_191759.jpg

5人そろったシルク。

Image2007-09-07_183718.jpg

今回はイマイチ影が薄かったカット・クロース。

Image2007-09-07_184226.jpg

「Make It Last Forever」を歌うジャッキー・マギー。初めてみた。

Image2007-09-07_184628.jpg

「Let's Chill」を歌うチャーリー・ウィルソン。

Image2007-09-07_184713.jpg

「There You Go」でキースにイジられるエイコン。

Image2007-09-07_185059.jpg

カット・クロースのアセナ・ケイジと「Nobody」を歌うキース。

Image2007-09-07_185224.jpg

上島竜兵ではなくジョニー・ケンプ。

Image2007-09-07_194144.jpg

めでたしめでたし。

Just Me / Keith Sweat

justme.jpg

1. Somebody / Conner, Hamilton, Sweat / 4:01
2. The Floor / Huggar, Riley / 3:27
3. Girl of My Dreams / Brown, Dalton, Sweat, Taylor / 4:15
4. Sexiest Girl / Huggar, Roy / 4:00
5. Butterscotch / Sweat, Veasie / 4:19
6. Me and My Girl / Barnes, Brown, Mooring, Sweat / 4:08
7. Suga Suga Suga / Bettis, Morris, Sweat / 4:00
8. Never Had a Lover / Hamilton, J., Jones, Linton ... / 3:41
9. Love You Better / Sweat / 4:36
10. Just Wanna Sex You / Hamilton, Jones, Linton, Sweat / 3:21
11. What's a Man to Do / Hamilton, Sweat / 3:38
12. Teach Me / Dalton, Huggar, Sweat, Taylor / 3:42

キース・スウェットひさびさのアルバムはすったもんだのあげく、ライノ・レコードを通して配給元をアトランティック・レコードの兄弟レーベルのアトコに移したむかし自分が作ったKeiaからのリリース。
ちょっと配給が複雑ですが、大手レコード会社からリリースできたのはめでたい。

今作はタイトル通りのキースにしかできないサウンドで攻めたのが大正解で、全盛期のキースが帰ってきました。
ブルー・マジックの(1)から期待できる出来で、デビューからのファンにうれしいのは、(2)でのテディ・ライリーの参加。
たぶん前にやったライヴでのつながりだろうとは思いますが、スヌープの参加でも充実したサウンドを聴かせており、テディ復活の予感がいたします。
また、(5)でのアセナ・ケイジや(9)のキーシャ・コールといった女性ヴォーカルの参加もこのアルバムに華を添えており、なかでもデビュー・アルバムの「Right And Wrong Way」のエッセンスをふりかけた先行シングル(7)がサイコー。
直截的なタイトルの(10)もキースらしくてステキ(笑)。

今作は流行モノにいっさい目を向けなかったのが功を奏し、すばらしいアルバムになりました。
ま、最近のヒップホップはあまりにもR&Bとの親和性に欠けているので取り入れようがなかったのかもしれませんが。
そろそろ90年代初期のリヴァイヴァル・ブームが来そうな予感がいたします。
そこからまた新しいR&Bの流れができるといいなあ。

おすすめ盤です。

Ridin' Solo / Keith Sweat

keith10.jpg

1. Famous / Morris, Sweat / 3:57
2. Full Time Lover / Morris, Sweat / 3:49
3. Test Drive / Brown / 4:05
4. Ridin' Solo / Little, Remon, Sweat / 3:13
5. Genius Girl / Morris, Sweat / 4:28
6. Do Wrong Tonight / Babbs, Russell / 3:35
7. Hood Sex / Remon, Sweat / 4:00
8. It's All About You / Morris, Sweat / 4:20
9. I'm the One You Want / Sweat / 4:21
10. Live in Person / Morris, Sweat / 4:48
11. It's a Shame / Sweat / 4:43
12. Tropical / Morris, Sweat / 4:37

ケダー・マッセンバーグのレーベルに移籍したキース・スウェットの・・・、10作目のオリジナル・アルバム。
ほとんどの楽曲のソングライティングに関わっておりますが、(1)からいきなりオートチューン使いでひっくり返ります。
・・・ま、はやりもんということでこれはこれ。

ミッド〜スロウが大半を占めるアルバムの楽曲はまずケダー・レーベルのレーベル・メイトになったJOEとのデュエットが素晴らしい。
これをきっかけにまたLSGみたいなのやらないかな。
R・ケリーのラップ風ヴォーカルの影響を受けたと思しき(4)も良いですが、昔からのファンにはスティーヴ・ラッセル、そしてチャッキー・ブッカー、Tankが参加した(6)がおすすめ。
一番キースっぽさが出ているのは(10)あたりか。

基本的には安定したアルバムで、10年ぐらい前に若干の低調時期がありましたが、前作あたりから完全に復活したと見て良いでしょう。
個人的にはもっとエロい路線に行ってもいいとは思いますが。

純然たるR&Bシンガーがなかなか出てこない今、ここらへんの市場はキース・スウェット、JOE、そしてR・ケリーといったヴェテランたちが独占していくんでしょうか。

'Til The Morning / Keith Sweat

keith11.jpg

1. Candy Store / Clanton, Holiday, McClain?, Sweat / 4:34
2. Knew It All Along / Durham, Sweat / 4:09
3. High As The Sun / Clinton, Criswell, Durham, Sweat / 4:31
4. Lady Dejour / Russell, Sweat / 4:40
5. Make You Say Ooh / Durham, Newland, Sweat / 3:51
6. To The Middle / Brent, Gordon, Gordon, T-Pain / 3:51
7. Ring Size / Russell, Sweat / 3:39
8. 'Til The Morning / Durham, Johnson, Little, Sweat, Van / 3:54
9. Open Invitation / Clinton, Criswell, Durham, Sweat / 3:58
10. One On One / Austin, Chaser, Gibbs, Sweat / 4:52
11. My Valentine / Debouch, Durham, Johnson, Sweat / 4:33
12. Getaway / Adam Ledgister, Days, Sweat / 4:36

87年のデビュー以来安定した活動を続けるキース・スウェット11枚目のスタジオ・アルバム。
今回はアッパーを封印、ミッド&スロウで攻めてきます。

(2)ではジョニー・ギルとジェラルド・リヴァートとの"共演"が見られます。
ボツ曲を引っ張ってきたのかなどうなのかな。
(3)は「Nobody」を一瞬引用する若干アイズレー風味のミッド・スロウ。
シングル・カットされた(5)はさすがに名刺代わりの一曲、出来は一番いいかな。
とはいえ、いまさらのT-Painをゲストに迎えた(6)はちょっとなあ。
こうやってみるとヒップホップの客演シンガーをメインにやるのは損だなとつくづく思いますな。
(7)はたぶん元トゥループのスティーヴ・ラッセル制作。
この人ジミ〜にいろいろやってるねえ。
(8)(9)と甘いスロウ、そして(11)は元SWVのココを迎えたデュエット。
そういえばカット・クロースはどうなっちょるんだ。
(12)はほんの少しフューチャリスティックな香りを漂わせますが、バキバキ感はさほどなく、古いファンも許容範囲でしょう。

ムリな若作りをやめた今回のアルバムはやっと自分の進むべき道が定まってきたイメージを受けますな。
唯一無二のスタイルなので、フォロワーもなく、寿命が長いのが強い。
全体的にはキース自身のヴォーカルがやや弱いのが気にかかります。
まあ基本的には歌い上げ系じゃないんで、致命傷にはなってませんが、今後どうなるのかな。

感想などございましたらどうぞ。

  • いい解説だったよ、兄さん。’88からニュー・ジャックのファンだが、意外に集めなかったキース……今、ちょっと欲しい。 -- jam-lil? 2008-10-23 (木) 08:36:03

添付ファイル: filekeith11.jpg 721件 [詳細] filesweathotel.jpg 486件 [詳細] filekeiths3.jpg 503件 [詳細] filekeiths2.jpg 583件 [詳細] filekeiths1.jpg 2002件 [詳細] filekeith6.jpg 553件 [詳細] filekeith10.jpg 298件 [詳細] filejustme.jpg 504件 [詳細]