Surrender To Love / Kindred The Family Soul

kindred.jpg

01. Ryva [live] (Dantzler/Parker) - 0:38
02. Surrender to Love (Bell/Dantzler/Graydon) - 4:31
03. Rhythm of Life (Dantzler/Graydon/Perry) - 6:10
04. Far Away (Dantzler/Graydon/Perry) - 4:17
05. Weather the Storm (Dantzler/Dupee/Graydon/Hibbler/Rickette) - 4:51
06. We performed by Kindred the Family Soul / Ursula Rucker - 3:45
07. Stars (Dantzler/Davis/Graydon/Harris) - 5:09
08. I Am performed by Kindred the Family Soul / Jazmine Sullivan - 4:51
09. Family Song (Reprise) (Eyen/Krieger) - 1:22
10. What Happens Now (Dantzler/Dupee/Graydon/n/Patterson) - 4:18
11. Meant to Be (Dantzler/Dupee/Graydon/Patterson) - 4:24
12. Contentment (Bell/Graydon) - 3:59
13. Spread the Word (Allen/Brown/Dantzler/Dickerson/Goldstein/Graydon/Jordan/Oskar) - 5:45
14. If I (Cave/Dantzler/Graydon/Poyser/Wilson/Wilson/Wilson) - 4:55
15. Entertain the Peoplez (Interlude) (Dantzler/Dantzler) - 0:07
16. Don't Wanna Suffer (Carbon Copy) (Buchanan/Dantzler/Graydon/Poyser) - 3:00
17. Party's Over performed by Kindred the Family Soul / Flo Brown / Malik B - 4:04
18. Freedom (Dantzler/Graydon) - 2:50
19. Clap Your Hands (Interlude) (Dantzler/Graydon/Njapa) - 0:04
20. - 0:04
21. - 0:05
22. - 0:05
23. - 0:04
24. - 0:04
25. Rhythm of Life (Dantzler/Graydon/Perry) - 4:07

21 世紀版のウーマック&ウーマックというべきか、アシュフォード&シンプソンというべきか、はたまたビービー&シーシー・ワイナンズというべきか、ソウルの都・フィラデルフィアからの新しい流れとしてザ・ルーツを筆頭にした生音重視の流れから生まれた、ファティン・ダンツラーとエイジャ・グレイドンの夫婦とそのバンドという形態のグループで、ここのところR&Bの動向に疎くなりつつある自分にとっては新鮮な驚きでした。
夫婦のヴォーカルは明らかにゴスペルを基調としたもので、ラフな男性テナーとチャカ・カーン風味の女性ヴォーカルを盛り上げるバンドもしっかりしており、荒々しくならず、なおかつファンクの伝統を感じさせる演奏を繰り広げます。
ぜんたいに品のある作品に仕上がっており、個人的にはフランキー・ビヴァリー率いるメイズを連想しました。
(20)〜(24)はなぜか短い無音部分が続きますが、ここらへんは意味不明です。
70〜80年代の香りを今に使える健全なニュー・クラシック・ファンクとして位置づけたい好盤。
お昼どきでも違和感なくきけます。

添付ファイル: filekindred.jpg 445件 [詳細]