Mars Venus / Koffee Brown

koffeebrown.jpg

01. Intro / Botkin, Devorzon, Fusari, Gist ... / :25
02. Weekend Thing / Armer, Badazz, Daniel, Gist ... / 3:23
03. After Party / Beal, Butler, Campbell ... / 3:34
04. Didn't Mean to Turn You On / Beal, Gist, Sales, Sanders ... / 4:13
05. Chick on da Side / Aaron, Gist, Lighty, Moore ... / 3:56
06. Fingerpointing / Fusari, Lighty, Moore ... / 4:24
07. Blackout / Berkely, Gist, Jones, Lighty ... / 4:02
08. All I Need (Bonnie and Clyde) / Berkely, Clarke, Gist, Lighty ... / 3:36
09. All Those Fancy Things / Bartholomew, Loving, Salter / 3:34
10. Quickie / Gist, Liggio, Lighty, Muhammed ... / 3:54
11. The View (Interlude) / Gist / 1:46
12. I Got Love (Scars) / Liggio / 3:07
13. Hater's Disease / Dixon, Gist, Moore / 4:13
14. Qualified / Berkeley, Gist, Lighty ... / 3:52
15. Mars/Venus (Interlude) / Gist, Pope / 1:12
16. Do U See / Gist, Huggar, Lighty / 3:48
黒人大衆音楽の中でも、男女デュオというのはマーヴィン&タミー(60年代)、アシュフォード&シンプソン(70年代)、リネイ&アンジェラ(80年代)、ビービー&シーシー・ワイナンス(90年代)と
10年に一組くらいの割合でしか見つけられませんが、21世紀代表候補の男女デュオが早くも出てきたなという印象を受ける2人組。
プロデューサーは元(なのか?)ノーティ・バイ・ネイチャーのKayGee?
ZhaneやNextなどで歌ものもイケることはもう証明済み、今作も端正な作りで満足です。
フロアでは、ホール&オーツ「I Can't Go For That」ネタの「After Party」がウケたみたいですが、確かに「Weekend Thing」や「Didn't Mean To Turn You On」などミディアム〜アップ系に良い作品が並んでいるように思えます。
ただ、シンガーとしての力量を問われるスロウでは、やや後退気味なのが残念。
「I Got Love (Scars)」あたりがまあまあかなという感じ。
Nextで見せたようなもっともっとデロデロのエロエロ路線を期待してたけどちょっと不完全燃焼気味。
だもんで、どうしても前半のミディアム〜アップを繰り返し聴いてしまうのはしょうがないかな。
まあEE JUMPよりいいか(爆)。
なんちゅうまとめだ。

添付ファイル: filekoffeebrown.jpg 447件 [詳細]