La La / La La

lala.jpg

1. (If You) Love Me Just a Little / 4:25
2. I Got a Thing for You / 4:15
3. I Don't Wanna Go / 4:13
4. We'll Keep Striving / 4:30
5. Any Man Will Do / 3:34
6. My Love Is on the Money / 4:11
7. Deal With It / 3:47
8. All Work, No Play / 5:08
9. So into Love / 4:23

グレン・ジョーンズの「Show Me」の作曲者として、またホイットニー・ヒューストンのデビュー盤にも関わって名を馳せた、そんなララが87年にリリースしたデビュー盤。
時代はニュー・ジャック・スウィングへの過渡期で、フル・フォースがサポートする(1)のイントロのリズムは今聴くと歴史を感じますが、中身は充実。
カシーフとの共作(2)、メロウな(3)はララの個性が出ております。
デニース・ウィリアムズの「Lets Hear It For The Boy」とデバージの「Rhythm Of The Night」が混ざったようなずっこけ気味の(5)に続いて再度フル・フォースの(6)で気を取り直し、

アルバムでは2曲あるデュエットが白眉でレニー・ホワイトとマーカス・ミラーが手掛け、バーナード・ライトが相手をつとめる(4)、そしてグレン・ジョーンズとの(8)がサイコー。

80年代ならではのR&Bの香り漂う佳作。
この後ララってどうなったんだっけ?

添付ファイル: filelala.jpg 268件 [詳細]