Layin' In The Cut / Lighter Shade Of Brown

lsob.jpg

1. Dip into My Ride / Gutierrez, Hamilton, Pilate ... / 4:37
2. Where Ya At? / Barrier, Bobbit, Brown, Byrd ... / 4:12
3. Talkin' 'Bout (Gettin' It On) / Gaye. M., Gutierrez, Ramirez ... / 5:04
4. Hey D.J. [Radio Remix] / Gutierrez, Hague, Larkins ... / 3:35
5. Playin' in the Shade / Brown, Gutierrez, Romeo / 3:43
6. If You Wanna Groove / DTTX, Gutierrez, Hamilton / 3:44
7. I Like It / Blackmon, Carter, Gutierrez ... / 4:26
8. Things Ain't the Same / Gutierrez, Ramirez, Romeo / 4:10
9. Doin' the Same Thing / Blouin, Gutierrez, Ramirez / 3:46
10. Everyday All Day / Carter, Gutierrez, Ramirez / 3:57
11. Hey D.J. / Gaye. M., Gutierrez, Ramirez ... / 3:59

94年リリース、チカーノ・ラップとしてはキッド・フロスト以来の成功例。
グループ名は彼らの肌の色にちなんでつけられたらしいです。

(4)のヒットで知られるところですが、アルバムはネタ使いの宝庫となっており、いわゆる"オールディーズ"好きがわかります。
チカーノ・ラップの間では定番となっているコン・ファンク・シャンの「By Your Side」をネタに使ってアルバムはスタート。
S.O.S.バンドの「Even When You Sleep」ネタの(2)、マーヴィン・ゲイの「Let's Get It On」ネタの(3)、クール&ザ・ギャングの「Too Hot」ネタの(5)、バーケイズの「Move Your Boogie Body」の(6)、キャメオの「She's Strange」ネタの(7)と、80年代ファンクの好きにはたまらないネタを使いまくり。

全体的にはレイドバックしたスタイルでまさに西海岸の夏にぴったりしたサウンドでクルマに積みっぱなしのかけっぱなしがよく似合います。

添付ファイル: filelsob.jpg 1024件 [詳細]