N II U / N II U

n2u.jpg

01-Intro Interlude
02-There Will Never Be
03-You Don't Have To Cry
04-Someone For Me
05-I'm Coming Home
06-Right Now
07-Uptempo Interlude
08-Anything
09-Let Me Come Inside
10-Gotta Get Into Me
11-I Miss You

今をときめくJOEも在籍していたプロデューサー・チームの3ボーイ・フロム・ニューアークの中心人物、ヴィンセント・ハーバートの血縁グループとしてデビュー。
JOEはこの時既にソロ活動を開始しており、関わったのはデビュー・シングルとなった(3)の共同ソングライティングくらいなんでしょうか。
クレジットを読むと、大半をヴィンセント・ハーバートが制作しております。
当時のコーラス・グループ・ブームの中では実力的にかなり秀でており、 ヴォーカルのスタイルはJodeciを範としており、特にイントロダクション直後の(2)あたりではその実力をいかんなく発揮しており、個人的にはニュー・ジャック・スウィング的な(4) 、大仰アレンジが泣かせる(5)あたりが秀逸かと。
ヒットしたのは(11)。
完全にゴスペル・マナーに沿った作りで、シンプルなピアノをバックに亡くしてしまった母親に捧げる 鎮魂歌という風情で、クロスオーヴァー・ヒットとなったみたいですが、例によってよく知りません(笑)。
結局これ一枚きりで姿を消してしまいましたが、もちろん出来はよいので、見かけたら買ってあげてください。

添付ファイル: filen2u.jpg 395件 [詳細]