Dirt / Paul Kelly

pkelly.jpg

01. (He Ain't Nothin' But) Dirt / Kelly / 2:19
02. 509 / Kelly / 2:57
03. Hot Runnin' Soul / Kelly / 2:25
04. Hangin' on in There / Kelly / 2:57
05. A Helping Hand / Kelly / 2:21
06. Soul Flow / Kelly, Rogers / 3:37
07. Here Come Ole Jezebel / Kelly, Rogers / 2:20
08. Poor But Proud / Kelly, Rogers / 3:10
09. The Day After Forever / Kelly / 3:21
10. Travelin' Man / Kelly / 2:42
11. What's Happenin' to Me and You / Kelly / 3:14
12. Stealin' in the Name of the Lord / Kelly / 3:37

70年代ディープ・ソウル・シンガーの一人、ポール・ケリーのワーナー移籍第一弾。
基本的にはガンガン前に出るシャウタータイプではなく、じっくり歌いこむタイプのシンガーで、かつソングライティングもこなす万能タイプ。
ナッシュヴィル録音みたいですが、ここらへんってマスル・ショールズだったっけか。
いかにも70年代の南部ファンキーな(6)も良いですが、しみじみとした(4)(9)もすばらしい。
(8)なんかはいかにも70年代ですな。
そしてヒット曲(12)は「神の名のもとに盗む」教会の体質批判ソング。
高所大所からものを見てないあたりはさすが。
貧しい人から布施を取るキリスト教会のことはジェイムズ・ブラウンも著書の中で批判してました。
しかしなんか宗教ってどこでもいっしょだな。
とはいうものの、基本的にゴスペル様式のつくりではございます。
地味ではございますが、作りはよろしうございます。

添付ファイル: filepkelly.jpg 3826件 [詳細]