Love Behind The Melody / Raheem DeVaughn?

raheem2.jpg

1. Hello Love... / Devaughn, Gonzalez, Preston / 0:59
2. Woman / Devaughn, Thompson / 4:27
3. Love Drug / Devaughn, Storch / 4:58
4. Energy / Devaughn, Patton, Storch / 3:24
5. Friday (Shut the Club Down) / Devaughn, Holland, Robinson ... / 3:38
6. Customer / Barias, Devaughn, Haggins ... / 4:05
7. Mo Better / Devaughn, Splash / 7:39
8. Woman I Desire / Devaughn, Gonzalez, Preston ... / 2:14
9. Desire / Devaughn, Gonzalez, Lerner / 5:29
10. Midnight / Devaughn, Gonzalez, Preston / 1:30
11. Marathon / Devaughn, Gonzalez, Lerner ... / 5:45
12. Butterflies / Batson, Devaughn / 3:09
13. She's Not You / Devaughn, Hill, Shelton, Veney / 4:14
14. Cane We Try Again? / Devaughn, Gonzalez, Preston / 0:52
15. Try Again / Batson, Devaughn / 3:36
16. Empty / Cox, Devaughn / 4:49
17. Four Letter Word / Devaughn, Dwight / 4:45
18. Some Kind Of Way /

05年にデビューしたラヒーム・デヴォーンのセカンド。
ファーストは、むかしのワタクシの音盤日記を読むと「ユルめのディアンジェロ」と評しておりました。
しかし今作は素晴らしい。
サウンド・プロダクションが長足の進歩を遂げております。
(2)はややヒット狙いな感じを受けますが(グラミーにノミネートされたらしい)、(3)からはラヒーム節が炸裂。
アップ(4)ではアウトキャストのビッグ・ボーイをゲストに迎え、ファンクしておりますが、(5)ではテンプスの「My Girl」をサンプリングしてクラシック・ソウルの継承者を宣言しております。
スロウ・セクションでは(6)もカワイイですが、本作の白眉は何といっても(7)。
(1)でラヒームが「7曲目を聴いておねいちゃんと赤ちゃんを作ったなら・・・」と語っているぐらいの自信作。
コーラス・グループ風に仕立てたスロウで、途中の語りも入っててバッチリ。
これこそがスウィート・ソウルの08年版、と言い切ってしまいましょう。
長尺ではございますが、全くそれを感じません。
共作者のジャック・スプラッシュはアリシア・キーズのアルバム「As I Am」の「Wreckless Love」にクレジットされております。
(8)(9)の連結具合も素晴らしく、ミッド・スロウのリズムに乗せてラヒームが悩ましく歌っております。
なんかへんなところをチュッパチュッパ言わせてるインタールードの(10)に続く(11)はフロエトリーという女性歌手とのデュエットですが、これがまた悩ましくも美しい。
このへんはディアンジェロに影響を受けてるかなと。
(12)はアンソニー・ハミルトンっぽい古くさいソウル風味でそれまでの淫靡な空気を一掃。
仕切り直しの甘いスロウ(13)(14)(15)に続くブライアン・マイケル・コックスの(16)が妙に場違いっぽく感じるのはワタクシだけでしょうか(笑)。

日本盤はアイズレー・ブラザーズを連想させるボーナス・トラック(18)がついており、どうせなら日本盤のほうがおすすめ。
ヴァラエティに富んだ内容で、ラヒームのファルセットをまじえたテナーもソウルを感じさせて素晴らしい。
いきなりではございますが、早くも08年R&Bベスト10確定盤登場か?と思わせる出来の、どなたにもおすすめできる今様R&Bアルバム。~

Love and War Masterpeace [Deluxe Edition] / Raheem DeVaughn?

rd2.jpg

The Love Side
1. Dr. Cornel West Intro / DeVaughn?, Gonzalez / 1:41
2. Bulletproof / Bridges, DeVaughn?, Gonzalez ... / 4:43
3. The Greatness / Akintimehin, DeVaughn? ... / 4:10
4. I Don't Care / Reeves, Romulus, Smith, Yip / 4:14
5. Black & Blue / Cornish, DeVaughn?, Hayes ... / 3:34
6. Mr. Right / Barias, DeVaughn?, Haggins ... / 3:29
7. Dr. Cornel West Interlude / DeVaughn?, Gonzalez / 1:59
8. Fragile / DeVaughn?, Gonzalez, Preston ... / 4:27
9. My Wife / DeVaughn?, Gonzalez / 4:11
10. B.O.B. / DeVaughn?, Lewis, Terry, Vines / 4:37
11. Bedroom / DeVaughn?, Gonzalez, Preston / 3:20
12. Microphone / DeVaughn?, Hayes, Jackson / 4:41
13. Garden of Love / DeVaughn?, Gonzalez, Preston / 6:37
14. Dr. Cornel West P.S.A. / DeVaughn?, Gonzalez / 2:02
15. Nobody Wins a War / Ciro, DeVaughn?, Gonzalez ... / 7:41
16. Revelations 2010 / Bacharach, Carter, David ... / 5:21
17. Dr. Cornel West Intro / DeVaughn?, Gonzalez, Preston ... / 1:38
18. Wing and a Prayer / Benson, Benson, DeVaughn? ... / 4:50

The War Side
1. Dr. Cornel West Interlude / DeVaughn?, Gonzalez / 1:52
2. Super Hero / Alexander, Bynum, DeVaughn? ... / 5:38
3. Soldier Story / DeVaughn?, Gonzalez, Preston / 6:14
4. Dr. Cornel West P.S.A. / DeVaughn?, Gonzalez / 1:39
5. Hopeless Romantic / DeVaughn?, Gonzalez, Preston / 5:07
6. Lose Control / DeVaughn?, Gonzalez, Preston / 11:08
7. Calling Me / DeVaughn?, Shaifer / 4:36
8. Xoxo / DeVaughn?, Hayes, Jackson / 3:51
9. Dr. Cornel West Outro / DeVaughn?, Gonzalez, Preston / :56

ラヒーム・デヴォーンのサード・アルバム。
1枚オンリーと2枚組のデラックス・エディションがあるみたいです。

タイトル名がかなり大上段に振りかぶったかんじですが、サウンドは前作を踏襲、文句のつけようがありません。
ほとんどの作品のソングライティングにラヒーム自身が参加しており、アルバムの統一感がよく出ており、またヴォーカルも深化して1-(2)はもうほとんどマーヴィン・ゲイとカーティス・メイフィールドが甦ったような気になります。
サウンドはカーティスのソロから「Other Side of Town 」をサンプリング。
アップも97年以降R&Bを支配した「チキった」ビートはもう過去のものとなったみたいでわりとスムーズなビートで聴きやすさ満点。
こういうのを聴くと、ヒップホップとR&Bの融合はまた新たな段階に入ったのかなという気がします。
ただまあ一方ではティンバランドの方法論をさらに過激にしたほとんどテクノ・サウンドみたいなR&Bもあるっちゃああるんですが。

そしてネオ・ソウルの同士ともいうべきジル・スコット、バイラル、アンソニー・ハミルトン、クリセット・ミシェル、レディシ、ドゥエレといった豪華ゲストを迎えた反戦歌(だと思う)。

このアルバムに関してはネオ・ソウルの最新完成型と言って差し支えないと思います。
たぶんラヒームにすればマーヴィン・ゲイの「What's Going On」と「Let's Get It On」を一気に作るといった意気込みのもとに制作されたと思いますが、マーヴィンの二枚にはまだ及ばないものの、相変わらずの好調っぷりを見せるアルバムで、おすすめです。

添付ファイル: fileraheem2.jpg 9787件 [詳細] filerd2.jpg 216件 [詳細]