Soulful / Ruben Studdard

ruben1.jpg

01. Sorry 2004 (Dawkins/Dixon/Jackson/Mason/Thomas) - 4:22
02. No Ruben (Coleman/Jennings/Lilly/Sample) - 4:02
03. How Can You Mend a Broken Heart (Gibb/Gibb) - 4:23
04. Take the Shot (Dean/Lilly) - 4:03
05. What Is Sexy performed by Studdard / Fat Joe - 3:40
06. What If (Dawkins/Dixon/Edmonds/Lofton/Mason/Thomas) - 3:59
07. Superstar (Bramlett/Russell) - 4:13
08. Can I Get Your Attention performed by Studdard / Pretty Tony - 3:37
09. For All We Know (Coots/Lewis) - 3:41
10. Play Our Song (Alexander/Austin/Hicks/Wilson) - 4:07
11. Don't Quit on Me (Dean/Lilly) - 3:18
12. After the Candles Burn (Boyd/Davis/Harris/Toby) - 3:31
13. Flying Without Wings [*] (Hector/Mac) - 3:44
14. We Have Not Forgotten [*] performed by Studdard / Fred Hammond - 4:39

クライヴ・デイヴィスが送りだした新人シンガー。
なんでもテレビの勝ち抜き歌合戦で注目されたのがデビューのきっかけで、エグゼクティヴ・プロデューサーもクライヴ本人がつとめ、かなりの期待を寄せていた事がわかります。
そして、その期待にキッチリ応えたルーベンくんも素晴らしい。
ルーサー・ヴァンドロスの後継、といった風情でよく伸びる声で迷いなく歌い上げていき、その影響力はルーサーがカヴァーしたカーペンターズの(7)を彼も取り上げている事で明白です。
個人的にはシングル(1)でもうノックアウトされました。
サウンドもヴェテランのスタジオ・ミュージシャンを揃え、中庸ではありますが手堅い出来で、ルーベンくんのヴォーカルを最大限に引き立てています。
ビージーズの(3)ではアル・グリーン風味が少し加わって、彼のルーツがわかったりして。
アップの(5)もうわついた出来にならず、ここらあたりはクライヴの趣味なのかなと。
派手な仕掛けはありませんが、歌をきっちり聴かせてくれる一枚。
おすすめです。

添付ファイル: fileruben1.jpg 415件 [詳細]