Sweat Band / Sweat Band

sb.jpg

1. Hyper Space / Collins, Johnson / 4:43
2. Freak To Freak / Collins, Shider, Small, Washington / 6:52
3. Love Munch / Collins, Parker / 6:51
4. We Do It All Day Long (Reprise) / Collins, Shider, Small / 2:20
5. Jamaica / Collins, Johnson, Parker / 5:35
6. Body Shop / Collins, Shider / 7:21
7. We Do It All Day Long / Collins, Shider, Small / 8:26

80年リリース、Pファンクの企画バンドの位置づけになっているスウェット・バンドの唯一のアルバムを。
プロデューサーはブーツィ・コリンズ。
参加ミュージシャンはブーツィはもちろん、マイケル・ハンプトン、ゲイリー・シャイダー、バーニー・ウォーレル、そしてホーニー・ホーンズとPファンク精鋭部隊が勢揃い。
ヴォーカルもレイ・デイヴィス、パーレット、フィリップ・ウィンといったところが参加。

この時期ブーツィーズ・ラバーバンドの名称に関する訴訟問題でバンドの名前が使えず、同じ80年にブーツィのソロ名義で大傑作「Ultra Wave」をリリースしましたが、それと同時期にリリースしたもので、「Ultra Wave」と比較するとキビしい部分もありますが、フロア映えする曲があるのも確かで、ブーツィの旺盛な創作欲と捉えるべきか。
このバンド名もラバーバンドを彷彿とさせるものにしたかと思いますが、結局長続きしませんでした。

アルバムの内容は・・・、かなり軽い(1)で若干イヤな予感がするものの、(2)は十分P印。
(3)はメイシオ・パーカーが吹きまくる軽いインスト。
(4)(7)はマザーシップ風味のPファンク。
(5)はPファンクのジャム。
(6)はちょっとアトミック・ドッグっぽいですな。
ギターは炸裂するし、なんといってもこのワサワサ感がイイ。

80年というとプリンスとザップがファンク界の次世代スターになりつつあり、Pファンクではパーラメント名義での最後のアルバム「Trombipulation」をリリース、ファンカデリックは翌年に「The Electric Spanking Of War Babies」を出して活動休止と、Pファンク全体の活動は収束に向かっており、これもPファンク第一期の最後の輝きと言える・・・、かな?

Pファンク全盛期と比べちゃいけませんが、侮ってはイケナイアルバム。

添付ファイル: filesb.jpg 140件 [詳細]