I'm Ready / Tevin Campbell

tevin.jpg

01. Can We Talk? (Babyface [1]/Simmons) - 4:44
02. Don't Say Goodbye Girl (Bacharach/Dakota/Walden) - 4:30
03. Interlude - :13
04. The Halls of Desire (Park) - 4:36
05. I'm Ready (Babyface [1]) - 4:45
06. What Do I Say (Dakota/Gill/Walden) - 4:55
07. Uncle Sam (Park/Sherield) - 3:57
08. Interlude - :29
09. Paris 1798430 (Park) - 3:37
10. Always in My Heart (Babyface [1]/Simmon) - 5:40
11. Interlude - :09
12. SHHH (Parks) - 4:55
13. Brown Eyed Girl (Campbell/Dakota/Walden) - 3:48
14. Infant Child (Walden) - 2:42

90年にクインシー・ジョーンズの「Back On The Block」でヴォーカルを務め、プリンスのサントラにも参加して一躍話題になったテヴィン・キャンベルのセカンド・アルバム。
ジャケ写を見ればだいたい想像できると思いますが、線が細く、なんかジャニーズっぽいオシャレなイメージで売り出されており、黒人歌手特有のマッチョさが見られず、この辺で好き嫌いが分かれそうですが、何といってもベイビーフェイス作の「Can We Talk」でしょう。
この甘酸っぱい曲に彼の若々しくも細いヴォーカルがからみ、僕も思わず高校時代のことを思い出してしまい、思わず卒業アルバムを引っ張りだしてしまいました。
プロデューサーはベイビーフェイスの他、ナラダ・マイケル・ウォルデンやペイズリー・パーク(よく知らないけどたぶんプリンスに関係があるんでしょう)がつとめており、ベイビーフェイス〜ナラダのプロデュースでは優等生っぽい感じですが、ペイズリー・パークが担当する「The Hall Of Desire」なんかはプリンスの物マネみたいなヴォーカルになっており、興味深いところです。
この後発表したサード・アルバムで思いっきりズッコケてしまい、いまだにジミ〜な感じになっちゃってますが、どうなってるんでしょう。

添付ファイル: filetevin.jpg 490件 [詳細]