Blam! / Brothers Johnson

bj1.jpg

1. Ain't We Funkin' Now / Bahler, Johnson, Johnson ... / 5:36
2. So Won't You Stay / Foster, Mason / 3:20
3. Blam!! / Bahler, Foster, Johnson ... / 4:55
4. Rocket Countdown/Blastoff / Hey, Reichenbach / :51
5. Ride-O-Rocket / Ashford, Simpson / 4:43
6. Mista' Cool / Eckstine, Johnson, Williams / 3:27
7. It's You Girl / Johnson, Johnson, Jones / 3:32
8. Streetwave / Hey, Johnson, Vaughn, Weir / 5:09

ジョージとルイスのジョンソン兄弟によるセカンド・アルバム。
ブラコンの流儀ながらもファンク度数が最も高く、彼らを認めたがらないコテコテのへヴィ・ファンク好きの方達も、「あ、オレこれなら好き。」と言われるくらいの作品です。
プロデューサーは当然クインシー・ジョーンズ。
個人的にクインシーは、どんなジャンルを手がけさせてもサマになる仕事をし、もし「音楽の鉄人」というジャンルがあるならば、「黒人音楽の鉄人」の最右翼に位 置する人だと思います。
ジャズ・アルバムはもちろん、レイ・チャールズのプロデュースではブルーズ感覚を発揮し、70年代初期にはルーファスをプロデュースしてきましたが、そんなクインシーがファンクに取り組んだのがこのアルバム。
(3) なんかはPファンク風コーラスが入ったりしてますが、基本的におどろおどろしい仕掛けナシ、ファンクを聴きやすくみんなに紹介という感じのポップ・ファンク・アルバム。

Light Up The Night / Brothers Johnson

bj2.jpg

01 Stomp
02 Light Up The Night
03 You Make Me Wanna Wiggle
04 Treasure
05 This Had To Be
06 All About The Heaven
07 Smilin On Ya
08 Closer To The One That You
09 Celebrations

クインシー・ジョーンズのプロデュースにて制作されたブラザーズ・ジョンソンのサード・アルバム。
(1)(2)が大ヒットし、世間にブラジョンの名前を轟かせました。
(1)〜(5)までのアップ・チューンにおけるルイス・ジョンソンのクラッピング・ベースはファンクというよりは軽快に弾むリズムのアクセントになっており、ブラコンの範疇に入れてかまわないほどの聴きやすいサウンドと相まって、フツウのポップス・ファンにも清涼なAORとして楽しむことができるかもしれません。
スロウの(6)、ミディアムの(7)(8)なんかはいかにも80年代なんとなくクリスタル的シチュエーションでの海辺のドライヴに最適。
たぶんユーミンや山下達郎とかのカセットと一緒に車の中に突っ込んで聴いてた人いっぱいいたんだろな。
ワタクシはよくわかりませんが(笑)。
ここでのブラジョンのサウンドはマイケル・ジャクソンの各アルバムのプロダクションに反映され、クインシーの流麗かつ高性能なサウンド・マシーンとして機能しました。

添付ファイル: filebj2.jpg 423件 [詳細] filebj1.jpg 513件 [詳細]