The Best Of / The Coasters

coasters.jpg

Disc 1:
01 Riot In Cell Block #9
02 Wrap It Up
03 Framed
04 Whadaya Want?
05 One Kiss
06 I Must Be Dreamin'
07 The Hatchet Man
08 Just Like A Fool
09 Smokey Joe's Cafe
10 Turtle Dovin'
11 Down In Mexico
12 One Kiss Led To Another
13 Brazil
14 Searchin'
15 Young Blood
16 Idol With The Golden Head
17 (When She Wants Good Lovin') My Baby Comes To Me
18 What Is The Secret Of Your Success?
19 Sweet Georgia Brown
20 Yakety Yak
21 Zing! Went The Strings Of My Heart
22 The Shadow Knows
23 Sorry But I'm Gonna Have To Pass
24 Hey Sexy
25 Charlie Brown
26 Three Cool Cats

Disc 2:
01 Along Came Jones
02 That Is Rock & Roll
03 I'm A Hog For You
04 Poison Ivy
05 What About Us
06 Run Red Run
07 Besame Mucho (Part 1)
08 Stewball
09 Wake Me, Shake Me
10 Shoppin' For Clothes
11 Thumbin' A Ride
12 Wait A Minute
13 Little Egypt (Ying-Yang)
14 Keep On Rolling
15 Girls Girls Girls (Part II)
16 Bad Blood
17 (Ain't That) Just Like Me
18 Teach Me How To Shimmy
19 The Slime
20 Bad Detective
21 Hongry
22 Soul Pad
23 Down Home Girl
24 D.W. Washburn
25 Shake 'Em Up And Let 'Em Roll

初期アトランティック・レコードを代表するグループ、コースターズの集大成を。
コースターズはリーバー&ストーラーが手がけたグループで、元々はロビンズと名乗っていました。
そのロビンズ時代の録音は(1)〜(9)で。
特に(1)はスライ&ザ・ファミリー・ストーンの大傑作「There's A Riot Goin' On」のタイトルの元になったことでも有名です。
個人的にはノヴェルティな(9)が大好き。
とぼけたコーラスとサックスがいい味だしてます。
コースターズに改名してからの作品としては、(20)(21)(25)あたりが有名なんじゃないかな。
特に、後にトランプスが大傑作「The Legendary Zing Album」で(21)を取り上げた事は有名です。
バンドを見てみると、キング・カーティスをサックスに迎えたりしていて、サウンドにも目配りしています。
なんやかんや言いながらも意外と後進に影響を与えている、そんなグループだと思います。

添付ファイル: filecoasters.jpg 205件 [詳細]