Make You Shake It / The Human Body

humanbody.jpg

1. Make You Shake It
2. Tomorrow
3. Keep You Head Up
4. Hit Me
5. As We Lay
6. Please Help Me Find Her
7. There Is Nobody
8. I Belive We Can

ヒューマン・ボディというグループは2種類あるみたいで、ロジャーが結成したファンク・バンドのほうのヒューマン・ボディは「Truth Be Known」というアルバムをリリース後、ザップと名を変えますが、今回ご紹介するのはその後ロジャーがプロデュースした別物のコーラス・グループと考えたほうがいいでしょう。
ワタクシも長い間混同しておりました。
で、ピーター・バラカンさんが著書「魂のゆくえ」で紹介しとりましたがその頃はとっくに廃盤になっており、アナログもないしCD化も絶望的だったんで、今回のCD化はマジで大喜びしました。

メンバーは元オハイオ・プレイヤーズのビリー・ベック、パーラメントのレイ・デイヴィス、ラリー・ハッチャーの三人。
実力的には申し分ないヴォーカル陣にもっとも脂の乗ったザップ・サウンドがバックをつけているんで内容はサイコーの一言。
ザップのトレードマークであるトーク・ボックスはいっさい出てきませんが、でもそんなの関係ねぇ!と納得の出来。
(1)から(4)までのファンクもシャーリー・マードックがのちに録音したスロウ(5)にはじまるミディアム〜スロウ群も文句なし、捨て曲なしの名盤。
そりゃピーターさんも推薦するわ。

ザップ・サウンドのヴォーカル・アルバムならばボビー・グローヴァーのソロもサイコー。

添付ファイル: filehumanbody.jpg 4383件 [詳細]