The Hard Way / 213

213.jpg

01 Intro (Nassar) 1:49
02 Twist Yo Body (Broadus, Cottrell, Griffen) ... 3:28
03 Absolutely (Broadus, Griffen, Hale, Harris) 4:00
04 Keep It Gangsta (Becker, Broadus, Fagen) ... 4:36
05 Run on Up (Broadus, Griffen, Hale) ... 3:33
06 Groupie Luv (Broadus, Griffen, Hale) ... 3:52
07 Lonely Girl (Broadus, Griffen, Hale, Lamb) 4:04
08 Another Summer (Broadus, Brooks, Glenn) ... 4:12
09 213 Tha Gangsta Clicc (Broadus, Griffen, Hale) ... 3:52
10 Gotta Find a Way (Broadus, Evans, Griffen, Hale) ... 3:25
11 Ups & Downs (Broadus, Edwards, Gilliam)... 3:53
12 Joysticc (Broadus, Griffen, Hale, Martin) ... 4:48
13 Rick James Interlude (Nassar) 0:36
14 Mary Jane (Broadus, Griffen, Hale, Hall) ... 3:48
15 MLK Aikens, (Broadus, Crum, Gilliam) ... 3:44
16 Lil Girl Angelo, (Broadus, Griffen, Hale) 3:19
17 My Dirty Ho Bell, (Broadus, Griffen, Hale) ... 4:12
18 Appreciation (Broadus, Griffen, Hale) ... 4:06
19 So Fly Ahmonuel, (Broadus, Elliot) ... 4:07

94年に大爆発したギャングスタ・ラップの立役者、スヌープ・ドギー・ドッグ、そして同年サントラ「Above The Rim」収録の「Regulate」で一気に最前線に躍り出たウォーレン・Gとネイト・ドッグが一同に会したヒップホップ版LSGみたいなアルバム。
この三人はデビュー前にこの名前でグループを組んでたみたいですが、デビューにはいたらず、それぞれのソロ・プロジェクトでヒットを飛ばした経緯があるみたいで、ある意味同窓会的な色合いも濃いみたいです。
西海岸ヒップホップのエキスが横溢しまくりで、やっぱこういう方がスキだなあ。
ハービー・ハンコックの「Chamaleon」ネタでヒットしたらしい(6)よりも、ネイト・ドッグのヴォーカルが冴える(7)(10)、エディ・ケンドリックスの「Intimate Friends」ネタでレイドバックしまくりの(8)がスキ。
ジェシー・パウエルの時にも思ったけど、ファンクはもうヒップホップの手のうちに落ちてるなあと。
R&Bのプロデューサーでアップ・チューンをかっちり作ってる人見ないもん。
個人的にはティンバランドあたりからはじまった「ゆったりやってるように見せかけてウラじゃ32ビートとかでせわしなくやってる」ワザがイケナイ気がしとります。
もう一度、R&Bとヒップホップ、ファンクのすり合わせができる人材とか出てこないかなあ。
歌モノのアップ・チューンでイイのが聴きたい。

あ、このアルバムは西海岸モノがお好きなら間違いなし、すぐ買って消費しちゃいましょう。
そういえばデス・ロウ・レコードはまだやってんでしょうか。

添付ファイル: file213.jpg 524件 [詳細]