Badd Boyz of the Industry / B.B.O.T.I.

bboti.jpg

01. Intro (Cooke) - 1:25
02. Badd Boyz of the Industry (Evans/Johnson/Poyser/Townes/Walker) - 3:45
03. Nasty (Brooks/Evans/Johnson/Walker) - 4:42
04. Where Will You Go (Babyface) - 6:50
05. Addicted to You (Blockson) - 5:06
06. Why Does Love Hurt (So Badd) (Brooks/Evans/Gordon/Johnson/Walker) - 6:22
07. Da Choice Is Yours (Cooke/Evans/Poyser/Walker) - 3:53
08. Ecstasy (Evans/Johnson/Johnson/Walker) - 6:03
09. Da Format (Evans/Johnson/Walker) - 4:13
10. Baby, Hold On (Evans/Johnson) - 4:57
11. One Night of Freedom [From Posse] (Evans/Johnson) - 3:57

サントラ「Posse」に(11)で参加後、このアルバムでデビュー。
(2)、(3)でアップ、スロウの小手調べよろしくジャブを放ってきますが、彼らの実力があらわになるのがベイビーフェイス89年のヒットアルバム「Tender Lover」に収録されている(4)のカヴァー。
「どこいっちゃうんだよベイビ〜」と泣き叫ぶヴォーカル、そしてそれをもりたてるコーラス。
そしてふとクレジットを見ると、スタッフにチャッキー・ブッカーの名が…。
そしてそこから(5)そして(6)への流れはもう完璧。
(5)はコーラス・グループからのヒップホップ・ソウルの一つの解答、という見方ができるでしょう。
そしてリヴァートのマーク・ゴードンが参加する(6)ではもうモロにリヴァート・マナーの重厚なスロウが展開。
やっぱりコーラスグループは人数いたほうがいいな〜。
その他のスロウは(8)がおねえちゃん舐めさすりモンのそれ専用ソング。
グループとしてはこれ一枚で終わっちゃいましたが最近どうしてるんだろう?

添付ファイル: filebboti.jpg 686件 [詳細]