Son of Pain / Governor

governor.jpg

01. Blood, Sweat & Tears / Barnes, Bohannon, Mosely ... / 3:40
02. Out of My Hands / Hill, Washington / 4:05
03. Forgive Me / Creed, Hill, Washington / 3:21
04. Be Yourself / Nuri, Pearson, Washington / 4:03
05. Destiny / Storch, Washington / 4:23
06. Never Wanna Leave / Hathaway, Kooper / 7:11
07. Slow Down / Cates, Marley, Washington / 4:35
08. You Got the Power / Harris, Smith, Washington / 4:14
09. Move Easy / Altino, Charlamagne, Gyesi ... / 3:16
10. Make Love to You / Duplessis, Jean, Washington / 3:38
11. That's What I'm Talkin' / Jackson, Jackson, Washington / 4:05
12. On My Way / Ransome, Washington / 4:42
13. I Can't / Lumpkins, Washington / 4:33

2000年にデビューしてたみたいで、そこからディールを取れなかったみたいで苦労してたみたいですが、ラッパーのT.I.の「Hello」のフィーチュアリング・シンガーとして復活、アトランティックとの契約にこぎつけました。
スタイルとしてはアンソニー・ハミルトンのそれに近いものがあり、(1)から熱唱しております。
ネタ元もやたらシブいところから引っ張ってきており、(1)はBohannonの「SINGING A SONG FOR MY MOTHER」、(2)に至っては70年代コーラス・グループのAct 1の「FRIENDS OR LOVERS」をサンプリング。
若いクセにどういうセンスなんだろうと訝しんでしまいました。
(6)はラファエル・サディークをプロデューサーに迎えてダニー・ハザウェイの「I Love You More Than You'll Ever Know」をカヴァー。
(8)はT.I.をゲストに招いておりますが、これ思いっきりフィリップ・ベイリーとフィル・コリンズの「Easy Lover」をパクってるじゃんか(笑)。
この作品だけは思いっきり笑いました。
そしてラスト2曲のスロウ(12)(13)でじっくり聴かせてくれます。
特にメロウな(13)は聴きもの。
21世紀ディープ派シンガーの傑作。

添付ファイル: filegovernor.jpg 1736件 [詳細]