Javier / Javier

javier.jpg

01. Crazy (Colon/Rogers/Sturken )
02. Beautiful U R (Colon/Mason/Thomas )
03. Song for Your Tears (Colon/Rogers/Sturken )
04. Slow Motion (Colon/Dawkins/Dawkins/East/Mann/Mason/Thomas )
05. Hey Little Sister (Colon/Rogers/Sturken )
06. Biggest Mistake (Colon/Dixon/Mason/Thomas )
07. Interlude No. 1
08. If I Never Get to Heaven (Colon/Rogers/Skies/Sturken )
09. Can't Have My Heart (Cloud/Colon/Skies )
10. She Spoke to Me (Colon/Rogers/Sturken )
11. In Your Hands (Cloud/Colon/Skies )
12. She'll Never Know (Cloud/Colon/Skies )
13. Interlude No. 2
14. October Sky (Colon/Rogers/Sturken )

キャピトル・レコードからデビューしたニューカマー。
わたくしが買ったのはエンハンストCDになっており、「Crazy」のプロモ・ヴィデオが見られるようになっております。
本名をハヴィエール・コローンと言うらしく、たぶんラテンの血が混じってるんでしょう。
メランコリックなギターに導かれる(10)にラテン・フレイヴァを感じますが、個人的にはラテンの血を生かすならファンキーなアッパー系でと思うんですが、アルバム全体を貫く行儀良さからそれは求められないかなと言った感じ。
とにもかくにもシングル・カットされた(1)がサイコー。
ハイ・テナーを駆使した若々しいサマー・チューンと言った趣で、うーん、例えるならベイビーフェイスのヴォーカルがもうちょいうまくなったような感じ(笑)?
プロモ・ヴィデオでも左利きでアクースティック・ギターを弾きながら歌ってるところもベイビーフェイスを彷彿とさせるし。
ミディアム・テンポのメロウ・ファンク(5)ではザ・ルーツのクエストラヴがドラムで、また正統派ジャズ・バラードに挑んだ(14)では現代ジャズ・シーンとR&Bシーンを自由に行き来するロイ・ハーグローヴが参加しての素晴らしい出来になっています。
スタイル的には一枚のアルバムの中にあれもこれもと詰め込んでいった感じになっていますが、今後スタイルを絞り込んでいけば個人的にはさらにイケるのではないかと思っております。

添付ファイル: filejavier.jpg 544件 [詳細]