Trammps / Trammps

trammps.jpg

01. Stop and Think (Baker)
02. Trusting Heart (Steals/Steals)
03. Every Dream I Dream Is You (Baker)
04. Love Epidemic (Green/Harris)
05. Save a Place (Baker)
06. Trammps Disco Theme (Baker/Harris/Young)
07. Where Do We Go from Here? (Baker)
08. Down Three Dark Streets (Baker)
09. I Know That Feeling (Baker)
10. Shout (Isley/Isley)

トランプスはオージェイズ、ブルーノーツ、デルフォニックスと比較すると日本での知名度は低いですが、間違いなくフィラデルフィア・サウンドの最高峰のひとつに数えられるでしょう。
彼らについてはフィラデルフィアのシグマ・スタジオのミュージシャン集団MFSBのメンバーがそのままヴォーカル陣を加えるとトランプスになり、MFSBとして他の歌手のバックアップを行いつつも「Love Is The Message」のヒットを持ってるのに、トランプス名義では別レーベルのゴールデン・フリースから作品を出したりと、ワケがわかりません。
トランプス名義の傑作「The Legendally Zing Album」はこのアルバムと相前後してブッダから出てるし。
もうぐちゃぐちゃ。
契約の問題があったのかな。
しかしアール・ヤングのドラムは間違いなく70年代を象徴してます。
60年代にメンフィスのアル・ジャクソン、デトロイトのべニー・ベンジャミンがその時代のリズムを叩き出したとしたら、70年代は間違いなくこの人でしょう。
ゴールデン・フリースからは(2)(4)(7)がシングルとして発売され、そこそこのヒットを記録したらしいですが、
やはり(6)でしょう。
ソウルまさのテーマ(笑)。
これ聴くとなるほど・ザ・ワールド以前にまさを思い出すな〜。
フィリー・ソウルの基本形。

The Legendary Zing Album / Trammps

trammps2.jpg

01 Penguin At The Big Apple/Zing! Went The Strings Of My Heart
02 Pray All You Sinners
03 Sixty Minute Man
04 Scruboard
05 Tom's Song
06 Rubber Band
07 Hold Back The Night
08 Penguin At The Big Apple

フィラデルフィア・サウンドの最高峰のひとつに数えられるでしょう。
彼らについてはフィラデルフィアのシグマ・スタジオのミュージシャン集団MFSBのメンバーがそのままヴォーカル陣を加えるとトランプスになります。
メンバーのアール・ヤングは70年代を代表するドラマーであり、またフィラデルフィア屈指のプロデューサーでもあります。
(1)は「Trammps Disco Theme」によく似たイントロからコースターズのヒット曲へなだれ込みます。
(5)のメロウかつグルーヴィーなインストゥルメンタルはフィリー・サウンドを支えた実力を遺憾なく発揮しています。
人気面ではオージェイズやブルー・ノーツにかないませんが、フィラデルフィア・サウンドとは何かということを見せつけてくれるアルバム。

添付ファイル: filetrammps.jpg 602件 [詳細] filetrammps2.jpg 578件 [詳細]