I Want It All / Warren G

warreng.jpg

1. Intro / 0:37
2. Gangsta Love / Brown, Collins, Griffin, Hale / 4:02
3. Why Oh Why / Arnaud, Brown, Griffin / 4:01
4. Dollars Make Sense / Griffin, Hudson, Johnson ... / 4:32
5. I Want It All / DeBarge, DeBarge, G, Jordan ... / 5:08
6. Havin' Things / Dupri, Griffin, Hale / 3:01
7. You Never Know / Brankouadagba, Broadus ... / 3:44
8. My Momma (Ola Mae) / Brooks, Edward, Griffin ... / 4:33
9. G-Spot / Cave, DeBarge, Edward, Griffin ... / 5:16
10. We Got That / Griffin, Jeffers, Nobles, Pugh ... / 3:46
11. Dope Beat / G / 3:19
12. World Wide Ryders / Griffin, Hollis, Savage / 3:58
13. Game Don't Wait / Broadus, Griffin, Hale / 4:15
14. If We Give You a Chance / Bankouadagba, Bartz, Griffin ... / 4:14
15. I Want It All [Remix] / Cox, G, Jones, Nobles, Smalls / 4:15
16. Outro / 1:36

94年、ネイト・ドッグとともにサントラ「Above The Rim」収録の「Regulate」で衝撃的なデビューを果たしたウォーレン・Gのサード・アルバム。
213のメンバーだったネイト・ドッグとスヌープ・ドッグ、ドッグ・パウンド、RBX、マック10、ジャーメイン・デュプリ、スリック・リックといった有名どころから無名のラッパーまでおそろしい数のゲストを招いて作られた傑作。

まずはイントロに続く(2)でのレイドバックっぷりに昇天。
これだけでごはん三杯イケます。

(5)でデバージの名作「I Like It」をサンプリング、そして当のエル・デバージをマンドリルの「Gilly Hines」ネタの(9)でゲストに迎えるという芸の細かさを発揮。
コモドアーズの「Painted Picture」(4)と「Sweet Love」(7)、ダニー・ハザウェイの「Valdez In The Coutry」ネタの(8)、サイド・エフェクトの「Private World」ネタの(11)、ゲイリー・バーツの「Music Is My Sanctuary」ネタの(14)とスムーズなサウンドが夏向き。

もともと西海岸ラップはダンスというよりは彼らのライフスタイルであり、移動手段として重要なクルマの中で聴くために作られたサウンドなので、やはりクルマの中で聴くのが一番ぴったりくるかな。

添付ファイル: filewarreng.jpg 981件 [詳細]