The Heart of the Man / Phil Perry

pperry.jpg

01. Amazing Love (Eastmond/Skinner) - 4:28
02. Say Anything (Di Ferrari/Nevil/Shapiro) - 5:26
03. Forever (Russell) - 4:58
04. Woman (Grusin/Mann) - 5:33
05. Who Do You Love [*] (Fox/Golde/Mundy) - 4:25
06. More Nights (Golde/Lambert) - 4:53
07. Call Me (Franklin) - 4:39
08. (Forever in the) Arms of Love (Castro/Felix/Garfield/Landau/Perry) - 5:35
09. The Best of Me (Foster/Lubbock/Marx) - 4:49
10. God's Gift to the World (Himelstein/Sampson) - 5:21
11. Good-Bye (Garfield/Perry) - 3:52

元モントクレアーズのリードだったフィル・ペリーのソロ・デビュー盤。
プロデュースにバリー・イーストモンド、ジョージ・デューク等を、バッキングにもジェフ・ポーカロ、ポール・ジャクソン等腕利きを揃えた充実盤といえるでしょう。
モントクレアーズ時代の彼は知らないので、その時代の事は何ともいえませんが、ここでの彼は実に伸び伸びと歌っています。
(1)などの若々しいアップも快調にこなし、リー・リトナー、ジェラルド・アルブライト、ハービー・メイソン等ジャズ畑のミュージシャンをバッキングに迎えたジャズ・ナンバー(4)も抑え気味ではありますが、難なくこなします。
白眉はアレサ・フランクリンのカヴァー(7) 。
凄まじい迫力のハイ・テナーで押し込んできます。
彼の持ち味の全てを注ぎ込んだであろうこのナンバーだけでもうけっこうハラいっぱい(笑)。
この後彼はジャズ・グループのセッション・シンガーとしての活動が中心となりますが、数年置きにリリースされるソロ・アルバムはいずれも高品質。
2000年にリリースされたのが今のところ最新作かな。

添付ファイル: filepperry.jpg 412件 [詳細]