Mo' Better Blues / Soundtrack

mobetter.jpg

1. Harlem Blues / Branford Marsalis ... / 4:50
2. Say Hey / Branford Marsalis ... / 3:18
3. Knocked Out the Box / Branford Marsalis ... / 1:35
4. Again, Never / Branford Marsalis ... / 3:54
5. Mo' Better Blues / Branford Marsalis ... / 3:39
6. Pop Top 40 / Denzel Washington ... / 5:40
7. Beneath the Underdog / Branford Marsalis ... / 5:07
8. Jazz Thing / Gangstarr ... / 4:50
9. Harlem Blues [Acapulco Version] / Cynda Williams ... / 4:48

BRANFORD MARSARIS : Soprano Saxophone
KENNY KIRKLAND : Piano
ROBERT HURST : Bass
JEFF 'TAIN' WATTS : Drums
TERENCE BLANCHARD : Trumpet

90年に公開されたスパイク・リー監督の映画サウンドトラック。
デンゼル・ワシントンとウェズリー・スナイプス、あとワキ役でサミュエル・L・ジャクソンが共演しているという今となってはほぼ見ることのできない顔合わせの映画です。
ジャケットからしてケッサクで、自分の映画「Do The Right Thing」の上に本作のポスターを貼りつけるという念の入れよう。
スティングと一緒にやっていた、という印象の方が強いブランフォード・マルサリスとケニー・カークランドが参加。

まずは何と言っても冒頭の(1)。
二股をかけられた女性シンガー役のおねいちゃんがデンゼル・ワシントン演じるトランペッターを想いつつ歌うシーンは圧巻でした(本人が歌ってるのか吹き替えかはわかりません)。
失恋を歌う女性ヴォーカルにそっと寄り添うようなブランフォード・マルサリスのサックスがこれまた素晴らしい。
作曲者のW.C. Handyってブルーズのあの人なのかな。
この人の名前の賞かなんかなかったっけ。

そしてヒップホップ・ファンにはGangstarrの(8)でしょうか。
これは90年当時のジャズに対するヒップホップ・サイドからの回答、だったのでしょうか。

そしてブランフォード・マルサリス率いるクインテットの繰り出すジャズ・ナンバーがまたカッコイイ。
映画ではデンゼル・ワシントンとウェズリー・スナイプスがフロント・マンになってましたが、吹き替えやらせてもサマになるなあと。
(2)(3)なんかはハード・バップになるのかなどうなのかな。
音の感じがいかにも80年代末期だなというかんじはしますが、お見事でございます。

映画はレンタルビデオで見ましたが、これDVDにならないのかなあ。

Chicano Classics Vol.2 / Various Artists

chicano2.jpg

01. Hi Power Gangster / Mr.Capone-E Feat,Hi Power Soliders
02. World Famous / Lighter Shade Of Brown Feat,Rappin 4-Tay
03. Lil' Don Juan / Slow Pain
04. For The Streets / Mr.Criminal
05. Come Smoke With Me / South Siders Feat,Lil Tweety & Malow Mac
06. Blow Your Lights Out / Seldom Seem Feat,Diamonique
07. I Wanna Be Freaked / Mr.Capone-E
08. Touch Of Julius / C-Blunt Feat,Betty Boo
09. Gangsters / Tommy Gun
10. Rider / Brown Boy
11. West Coast Locos / Don Cisco
12. G'Fellas Rap Dirty / G'fellas
13. West Coast Do Or Die / Scrappy Loco Feat,Mr.Capone-E
14. In This Bitch / Seldom Seem Feat,3XL & Diamonique
15. Having A Smokeout / South Siders Feat,Mr.Criminal
16. Palm Tree's & Sunshine / Junebug Slim
17. Bed Drama / Lawless

THUMPレコードのラッパーさん達をコンパイルしたアルバムの第二弾。
2005年に第一弾についてエントリーいたしましたが、個人的にはこちらの方がいいかなとも思います。
ZAPPとの共演盤が大きな話題を呼んだチカーノ・ラップの第一人者、Mr.Capone-Eを筆頭にRappin 4-Tayといった有名どころからぜんぜん知らんラッパーまでいろいろ入っております。

Mr.Capone-Eのギャングスタな(1)、トークボックスを使ったザッピーな(4)(8)、メロウな(16)(17)など親しみやすい作品が入っており、これからの季節のドライブのお供に最適でしょう。
こういうのは国内での紹介がほとんどないのでざっくりしたコンピで気軽に聴く方があってるのかな。

収録曲には(3)の「Ring My Bell」とか(7)の「Free」とかの大ネタを使えどもクレジットには載っておらず、THUMPはやくざレーベルと見えて権利金などはいっさい払ってないようなそんな気がします。
古いソウルのコンピも相当扱ってるみたいだけど、そのうち思いっきり手入れがはいるようなそんな気が。

で、このシリーズを監修してるDJ DASKさんという人は日本人だったのね。
はじめてしった(笑)。

Impeach The President / Roy C. Family

impeach.jpg

01. Roy C's Theme Song - The Honey Drippers
02. Impeach The President - The Honey Drippers
03. A Funky Xmas To You - J.Hines &The Boys
04. Funky Funk (Pt.1) - J.Hines &The Boys
05. Funky Funk (Pt.2) - J.Hines &The Boys
06. Hustle On Down (Pt.1) - Michael Legrair
07. Hustle On Down (Pt.2) - Michael Legrair
08. I Can't Stop You From Doing - The Honey Drippers
09. Why Did You Fall In Love With Me? - The Mark IV
10.I'm So Proud Of You - The Mark IV
11.You've Got To Say What You Mean - Attractions
12.Did I Do The Right Thing - Attractions
13.Got To Get Me A Wife - James Shaw
14.Guilty Of Adultry - James Shaw
15.Got To Get Enough - Dynamite Singcetary
16.I Ain't Gonna Take No For An Answer - Dynamite Singcetary
17.Who's Making Love - Robert (Bobby) Harrison
18.Nasty (Let's Get Nasty) - Chuck Steven
19.She's A Merry Go Around - Michael Legrair &The Honey Drippers

ロイ・Cが制作に関わったシンガー/グループをコンパイルしたアルバム。
この盤の目玉は何と言っても(2)でしょう。
この曲のイントロ部分はジェイムズ・ブラウンの「Funky Drummer」とならぶブレイクビーツの定番として使われまくっておりますが、これはハニードリッパーズの人気というよりはこのビートを最初にサンプリングしたヒップホップ初期に登場したグループ、オーディオ・トゥーの「Top Billin'」がヒップホップ・シーンに衝撃を与えた部分を評価すべきでしょう。
そしてオーディオ・トゥーが「Top Billin'」で「作った」ビートはメアリ・J・ブライジの出世作「Real Love」にもサンプリングされてヒップホップ・ソウルの幕開けに一役買うなど長い影響力を与え続けており、おおもとのハニードリッパーズの評価に繋がる、というのがワタクシの見方です。

アルバムの中身ですが、前半の(1)〜(8)は土臭いかんじのファンクが収録されており、(9)以降はどっぷりのサザン/ディープ・ソウルが入ってくるという作りで、(11)(12)なんかはすばらしい。
とはいうものの、ジョニー・テイラーのカヴァーとなる(17)はドラムがやっすい打ち込みでズッコケます。
ヴォーカルはなかなか熱くていいんですがこの作品だけ時期がずれてるのかな。

基本的なスタンスはロイ・Cがどうのこうのと言うよりも、ヒップホップのブレイクビーツの大本を入り口に、70年代のサザン・ソウルを体験する好コンピレーションとして聴くのが良いような気がします。

Goldwax Collection 2 / V.A.

gwc2.jpg

01 The Lyrics / Darling
02 The Lyrics / How A Woman Does Her Man
03 The Lyrics / The Side Wind
04 Percy Milem / Crying Baby, Baby, Baby
05 Percy Milem / I Don't Know What You've Got
06 Percy Milem / She's A Mover
07 Percy Milem / I Slipped A Little
08 Percy Milem / I'm Crying Over You
09 O. V. Wright / That's How Strong My Love Is
10 O. V. Wright / There Goes My Used To Be
11 Phillip & The Faithfuls / Love Me
12 The Vel Tones / I Do
13 Gene "Bowlegs" Miller / Toddlin'
14 Eddie Jefferson / Some Other Time
15 Timmy Thomas / Have Some Boogaloo
16 Timmy Thomas / It's My Life
17 Timmy Thomas / Whole Lot Of Shakin' Goin' On
18 Barbara Perry / Unlovable
19 Barbara Perry / You Ain't Woman Enough
20 "Wee" Willie Walker / I Aint Gonna Cheat No More
21 "Wee" Willie Walker / I Don't Want To Take A Chance

60年代サザン・ソウルの殿堂、ゴールドワックス・レコードの特集第2段。
第1集ではジェイムズ・カーやスペンサー・ウィギンズ、オヴェイションズ等の有名歌手がてんこ盛りでしたが、この第2集の目玉は何といってもO.V.ライトがゴールドワックスに録音した(9)でしょう。
オーティス・レディングのヴァージョンが最も有名ですが、このオリジナルのヴァージョンの味わい深さも特筆もの。
後にハイ録音でもメドレー形式で再演しますが、こちらの方が数段上。
また、個人的にはティミー・トーマスの録音(15)〜(17)が気にかかりました。
70年代に入ってからのリズム・ボックス使用の草分けになった曲と言われるクールな味わいの「Why Can't We Live Together?」しか知らなかったので、このゴールドワックス時代の熱い歌唱には一驚という感じです。
全体の印象は熱い歌唱のオンパレードで、このレーベルの特色がよく出ています。
スタックスのシングルズ・コレクション9枚組、アトランティックの1974年までのR&B全集7枚組と、このゴールドワックスの2枚組を合わせれば60年代サザン・ソウルの流れは押さえたも同然でしょう。
ただ、まだサウンド・ステージ・セブンとか傍流レーベルの流れの部分もありますからしつこく追っていくとさらなる泥沼に足を突っ込むことになりますが…。

Chicano Classics / Various Artists

chicano.jpg

01. Cali Living / Junebug Slim / 3:52
02. Player in You / G' Fellas / 5:00
03. Ground Shakin' Switches / Mista Scrap / 3:54
04. Would You Forgive Me / 1 Mr / 4:01
05. Street Life / Lighter Shade Of Brown / 4:18
06. Wish Upon a Star / Junebug Slim / 4:36
07. The 13 / Slow Pain, Sniper / 4:10
08. Your Love / Mister D, DTX / 4:53
09. Love You More / Brown Boy / 4:19
10. Love You So / Malow Mac / 4:06
11. Lovely / Adolfo / 4:02
12. Summertime Groove / Junebug Slim / 3:31
13. Can I Kick It / Capone / 4:48
14. Take Another Hit / Hellbound / 5:41
15. I Come From / Scrappy Loco / 4:43
16. On a Sunday / Mr. Capone-E, DTTX / 4:23

Thumbというレーベルのラッパーを集めた編集盤の第一弾(らしい)。
カリフォルニア南部ということで、延々とメロウな西海岸ヒップホップが垂れ流し。
クレジットもなにもなく、ネタはさっぱりわからねど、(13)でやっとこテディ・ペンダーグラスの「Love T.K.O.」が出てきてネタがわかった(笑)。
ネタは黒人音楽ながらもラテンなまりのラップがなかなか気に入りました。
全編レイドバックしまくりなんで、部屋でのBGMでかけっぱなしにしとくのが一番向いてるかなあ。
アメリカのチカーノはローライダーでこういうのを聴いてるのかなあ。
そろそろこの辺のシーンも表層化されそうな気もするんですが、それがいつ、どういうタイミングで出てくるのか。
チカーノ・ヒップホップにおけるデフ・ジャムやデス・ロウ・レコードが出てくるのはいつかなあ。

New Jack Swing Gold / Various Artists

njsgold.jpg

Disc 1
01. I Want Her (Extended Version) / Keith Sweat
02. Just Got Paid (Dub Version) / Johnny Kemp
03. Groove Me / Guy
04. My Prerogative (Extended Remix) / Bobby Brown
05. Him or Me (12" Remix) / Today
06. Real Love (House Mix-Radio Edit) / El DeBarge
07. I Like (Hype Version) / Guy
08. Just as Long as Were Together (Remix Edit) / Al Green, Al B. Sure!
09. New Jack Swing (12" Remix) / Wreckx-N-Effect
10. Somebody for Me / Heavy D & the Boyz
11. I Found Lovin' (Club Version) / Jeff Redd
12. Spread My Wings (Clark Kent Super Mix with Rap) / Troop
13. Poison / Bell Biv DeVoe?
14. Rub You the Right Way (7 Version) / Johnny Gill

Disc 2
01. Why You Get Funky on Me (12" Mix) / Today
02. Hold On (Edit) / En Vogue
03. Feels Good / Tony! Toni! Tone!
04. She's Mine (Radio Club Mix) / Basic Black
05. Treat Them Like They Want to Be Treated (Club Mix) / Father MC
06. Sensitivity (Radio Mix) / Ralph Tresvant
07. I Like the Way (The Kissing Game) / Hi-Five
08. Motownphilly / Boyz II Men
09. I Wanna Sex You Up (Smoothed Out/Long Version) / Color Me Badd
10. You Called and Told Me / Jeff Redd
11. Come and Talk to Me / Jodeci
12. Rump Shaker (Teddy 2) / Wreckx-N-Effect
13. I'm in Luv (Remix Edit) / Joe
14. Anything (Old Skool Mix) / SWV feat. Wu-Tang Clan

87年キース・スウェットの(1)で幕を開けたニュー・ジャック・スウィングはCD普及期に発生した新しいムーヴメントではございましたが、一方ではまだまだクラブでは主流であった12インチ・シングルの文化でもあり、ヒップホップ勃興期より主流となりつつあったリミックスの文化でもあった、という側面もあるかと思います。
そんなニュー・ジャック・スウィングの代表曲を12インチ・ヴァージョン中心に集めたコンピ盤が発売されました。

Disc1の曲をあらためて聴くと、テープを切り貼りしましたみたいな曲が並んでいるのはご愛敬。
白眉はトゥループの(12)。
これは一時期アホみたいな値段で取引されておりましたが、これでかなり落ちるかな(笑)。
Disc2は90年前後の曲を集めておりますが、ここらへんに来るとリミックスのノウハウも蓄積されたと見て、かなり洗練されてきたという感じの曲が並びます。
ジョデシイのデビュー前の仕事として有名なニュー・ジャック・ラップの傑作(5)、甘酸っぱい(6)(7)、ジェフ・レッドの幻のセカンド「Down Low」に収録されていた痛快なアップ(11)、そして(14)はサントラ「Above The Rim」収録のヴァージョンにウータン・クランのラップをフィーチュアしたクラブ映えする一曲。
とにかく仕事や家事に疲れた30〜40代のオッサンオバハン達がアゲアゲ(死語)になること間違いなしの2枚組。

Street Beat Classics -The Best Rap From Sugar Hill Vol.1

sugarhill1.jpg

1. Rapper's Delight / The Sugarhill Gang / 14:43
2. Super-Wolf Can Do It / Superwolf / 6:20
3. Freedom / Grandmaster Flash & The Furious Five / 8:12
4. 8th Wonder / The Sugarhill Gang / 7:11
5. That's The Joint / Funky Four Plus One / 9:21
6. The Birthday Party / Grandmaster Flash & The Furious Five / 8:20
7. Funky Sound (Tear The Roof Off) / The Sequence / 4:55
8. Spoonie Is Back / SPOONIE GEE / 6:34
9. The Message / Grandmaster Flash & The Furious Five / 7:09

シュガーヒル・レコードの一番おいしいところをコンパイルしたアルバム。
ヒップホップの夜明けを告げた(1)はホリデイ・インにたむろする女の子を題材にしたパーティ・ラップ。
クラブで大人気の(5)はアンサンブルのおもしろさもさることながらシャ・ロックちゃんのカワイイラップがステキ。
これのCJマッキントッシュがリミックスしたヤツがまたカッコイイ。
90年代初頭にヒップホップ勢からのPファンク再評価に先駆けて、替え歌のレベルですが、この時期既にPファンクをやっていたというのは評価されてしかるべきでしょう。
いや、この時期だとビミョーに遅れてるか(笑)?
そしてシュガーヒル・レコードの真打ち、グランドマスター・フラッシュはパーティ・ラップ(3)(5)そしてヒップホップの側面のひとつでもあるストリートの現実をラップした(9)で存在感を示します。
「おい、押すな、こっちは、ギリギリのところに、いるんだ」と訴え、黒人ヤッピーに向けられた口当たりの良い音楽ではなく、下層の人々に向けられた音楽という意味で重要でしょう。
表題通りのまさにストリート・ビートですが、バックアップしているのは十分に経験を積んだスタッフだったというのがおもしろいところです。

Street Beat Classics -The Best Rap From Sugar Hill Vol.2

sugarhill2.jpg

1. It's Nasty / Grandmaster Flash & The Furious Five / 8:20
2. Hey Fellas / Trouble Funk / 7:18
3. Whip It / The Treacherous Three / 7:42
4. Do You Want To Rock(Before I Let Go) / The Funky Four / 6:23
5. Breaking Bells(Take Me To The Mardi Gras) / Crash Crew / 7:18
6. Simon Says Dance / Farrari / 6:38
7. New York New York / Grandmaster Flash & The Furious Five / 7:22
8. Kickin'it Live From 9 To 5 / The Sugarhill Gang / 6:33
9. Break Dance-Electric Boogie / West Street Mob / 5:10
10. White Lines / Grandmaster Flash & Melle Mel / 7:28

シュガーヒル・レコードのコンピ盤パート2はパート1に比較して若干の出がらし感は否めませんが、聴き物は多数。
なぜここにいるのか不明ですが、トラブル・ファンクの(2)はふつうにいつものゴーゴー攻めでございます。
そして今ではどこいっちゃったのかわかんないのが悲しいことこのうえないクール・モー・ディーがいたトレチャラス・スリーの(3)と一人抜けちゃったらしいファンキー・フォーの(5)はメイズのカヴァーとヴァラエティに富んでおります。
そしてグランドマスター・フラッシュはカッコイイサウンドに乗せてコカイン撲滅を訴える(10)で政治色の強い作品を作りますが、時期尚早だったんでしょうか、しばらく経つとパーティ・ラッパー達にトップの座を奪われてしまいます。
初期ヒップホップ・グループのアルバムはそれほど存在せず、はこの時期からクラブ・ユースを意識してなのかほとんど12インチ・シングルとしてのフォーマットが多いのでCDだとこういう形でのコンピになるのはやむを得ないか。
アルバム出してないグループの方が多かっただろうし。

Soul Galaxy : Gambring to Sweet Harmony / Various Artists

sg.jpg

1. Let's Get Into Something / Richmond Extension
2. The More I Get To Know You (Part 1) / Five Special
3. Never Take Your Love Away / Tomorrow's Promise
4. Whisper A Love Chant / Ambition
5. I'm Losing You / Vaneese & Carolyn
6. Falling In Love Is A No No / Westwing
7. Say You Will / Mojoba
8. That's When You Know Your Woman Wants To Be Free / The Newcomers
9. Nighty Night / The Insiders
10. I Can Testify (Good Things Come To Those Who Wait) / Richmond Extension
11. It's Just Like Magic / The Gaslight
12. So Long Letter (In A Picture Frame) / The Reason Why
13. I'm Not Like The Others / North, South, East & West
14. I Want To Give You My Everything / Candy & Sweets
15. Ah! Sweet Mystery Of Life / Brenda Lee Eager
16. My World / Sam Dees
17. (Let's Stop Making) Small Talk / Five Special
18. I'm So Glad / Prime Cut
19. Should I Follow My Heart / Tomorrow's Promise
20. Let Me Down Easy (Have It Your Way) / Chapter One

ユニヴァーサル傘下のマーキュリー、20thセンチュリー・レコード、ポリドールなどのシングル盤でキラリと光るスウィートな楽曲を有名なソウルバーのマスターが選曲したコンピ盤。
収録曲のオリジナル・シングル盤にはモノによってはとんでもない値段がつけられてるらしいですが、ようわかりません。
ちうかもうそういうレアだからどうのこうのっていう世界に興味ないし、そういう謳い文句で釣るのもどうかなという気はいたしますが。
このコンピ盤の存在そのものはタツロー氏がサンデーソングブックで紹介してたんで知ってましたが、そういう気持ちがいろいろと渦巻いてしまい、購入がちょっと遅れました。
グチグチ文句書きましたが、内容はスウィート・ソウル・ファンならば必携ですな。
とはいうものの、のっけの(1)(2)みたいな腰がくいっくいっと動くミディアムもあり。
(3)あたりからとろりとしたスウィートな世界が繰り広げられますが、(7)なんかこれアイズレー・ブラザーズの「For The Love Of You」のモロパクリじゃねーか。
いいのか?
(10)はぐいっとソウルが注入された70年代スタイリスティックス〜ブルー・マジックという感じでサイコー。
70年代のコーラス・グループの裾野の広がりが見えるようです。
(11)はまずタイトルがいいやね(笑)。
(16)のサム・ディーズはさすがの出来。
大好きです。
もちろん内容もタイトルに負けず劣らずのすばらしさ。
その他の曲も選りすぐりだけあって内容は高水準。

全体を通して聴くとさすがメジャー・レーベル、なんやかんやいうても音質やアレンジにけっこうカネかかってるなという感じがいたします。
ニュージャージー産のスタング・レコードみたいなショボくれた音質じゃないって感じですが、いや、スタングのアレはアレで逆にソウル濃度がアップしております。

解説は吉岡正晴さん。
ひさびさに「今度あなたのCDライブラリーに加わることになった一枚のCDをご紹介します。」という冒頭文を見ました(笑)。

Mastercuts New Jack Swing vol.1〜4 / Various Artists

njs1.jpg

1. Rub You The Right Way (Original Extended Hype 12" Mix) / Johnny Gill
2. Her (Original 12" Mix) / Guy
3. I Got The Feeling (Original 12" Mix) / Today
4. New Jack Swing (Original 12" Mix) / Wrecks-N-Effect
5. She's Got That Vibe (Original 12" Mix) / R.Kelly & Public Announcement
6. Do Me Right (Original 12" Vocal Remix) / Guy
7. Sensitivity (Original 7" Radio Mix) / Ralph Tresvant
8. So You Like What You Feel (Original Extended Album Mix) / Samuelle
9. Poison (Original R'n'B 12" Mix) / Bell Biv DeVoe?
10. Treat Them Like They Want To Be Treated (Original 12" Mix) / Father MC
11. Another Like My Lover (Original Hip Hop 12" Mix) / Jasmine Guy
12. Mama Told Me (Original Full CD Mix) / Keisha Jackson

njs2.jpg

1. Is It Good To You (Original Album Mix) / Tammy Lucas & Teddy Riley
2. Don't Be Afraid (Original Album Mix) / Aaron Hall
3. Yo, That's A Lot Of Body (Original Album Mix) / Ready For The World
4. I Like Your Style (Original Album Mix) / Bubba
5. Whatever It Takes (Original 12" Mix) / Basic Black
6. Swingin' Single (Original Album Mix) / Groove B Chill
7. Just Got Paid (Original Teddy Riley Remix) / Johnny Kemp
8. My Fantasy (Original 12" Remix) / Guy
9. Why You Get Funky On Me (Extended Original 12" Mix) / Today
10. Coool-Aid Express Card (Original Full CD Mix) / The Nation Funktasia
11. Serious (Original 12" Club Mix) / La Rue
12. My Prerogative (Original 12" Radio Edit) / Bobby Brown

njs3.jpg

1. Ain't Too Proud To Beg (Smoothed Down Extended 12" Remix) / TLC
2. I Want Her (Original Album Mix) / Keith Sweat
3. I Just Can't Handle It (Original 12" Mix) / Hi-Five
4. Judy Had A Boyfriend (Mucho Radio Edit With Rap) / Riff
5. Somebody For Me (Original Album Mix) / Heavy D. & The Boyz
6. I'm Dreaming (Original Album Mix) / Christopher Williams
7. D.O.G. Me Out (Original Single Edit With Rap) / Guy
8. Rump Shaker (Original Extended Teddy No.2' 12" Remix) / Wreckx-N-Effect
9. 69 (Original Album Mix) / Father MC
10. I'm So Into You (Original 12" Teddy Riley Radio Mix) / SWV
11. Real Love (Original 12" Hip Hop Club Mix) / Mary J. Blige
12. Love Thang (Original 12" R&B Club Mix) / Intro

njs4.jpg

1. She's Mine(LP Version) / Basic Black
2. New Jack City(LP Version) / ARB
3. Do Me(LP Version) / Bell Biv Devoe
4. It's Alright(LP Version) / Jodeci
5. Wanna Get With U(LP Version) / Guy
6. Lisa Baby(LP Version) / Father MC
7. We've Got Our Own Thang(12" US Version) / Heavy D & The Boyz
8. I Found Love(LP Version) / Jeff Redd
9. I'm In Luv(LP Version) / Joe
10. Anything(Old Skool Mix) / SWV
11. Do The Right Thing(LP Version) / Redhead Kingpin & The FBI
12. Listen Closely (Bozack)(LP Version) / Tamrock

87〜92年あたりまでR&B界をリードしたニュー・ジャック・スウィングの12インチ・ヴァージョン中心のコンピ盤。
12インチものということでアルバムとはひと味違うサウンドでひさしぶりに聴くと新鮮だ(笑)。
このシリーズはUKプレスなのか。
それにしてもvol.3と4の裏面にあるケンウッドにロゴはなんなんだ。
ケンウッドの機材を使ったんだろうか。

この時期は三大プロデューサー・チームとしてL.A.&ベイビーフェイス、ジャム&ルイス、そしてジーン・グリフィン&テディ・ライリーという三組がしのぎを削ってて大変刺激的でした。
とはいうものの、90年を過ぎるとテディ・ライリーはジーン・グリフィンとケンカ別れ(どうやらジーン・グリフィンはテディをこき使うだけこき使って自分はなんにもしてなかったらしい)、L.A.とベイビーフェイスもチーム解消(こちらは円満だったのかな)、いまだに頑張ってるのはジャム&ルイスという状況ではございますが、この頃のサウンドはやっぱり好きだな。

アルバムとして欲しいのは・・・、ブバの1枚目かなあ。
出てるとは当時知らなかった。
そういえばトゥデイの1枚目も持ってないや。
そのうち買えばいいやと思ってたのが間違いでした。
80年代のリイシューが一段落したらこの辺のニュー・ジャック系の知る人ぞ知るアルバムシリーズとか出てこないかな。

あとジェフ・レッドの2枚目は出てこないのかなあ。
サントラに入ってたヤツしか知らないや。
あれはけっこう好きでした。

Best Salsoul / Various Artists

bestsalsoul.jpg

Disc1
1. Runaway / Salsoul Orchestra Feat. Loleatta Holloway / 4:44
2. Spring Rain / Silvetti / 3:47
3. I Got My Mind Made Up / Instant Funk / 4:40
4. Dancin' And Prancin' / Candido / 6:52
5. Hit And Run / Loleatta Holloway / 4:21
6. Dr. Love / First Choice / 2:55
7. Dance A Little Bit Closer / Charo And The Salsoul Orchestra / 6:15
8. Boogie's Gonna Get Ya' / Rafael Cameron / 6:48
9. Call Me / Skyy / 3:52
10. Make Up Your Mind / Aurra / 6:25
11. The Bottle / Joe Bataan / 3:31
12. I Just Can't Give You Up / Floyd Smith / 3:58
13. I'm A Fool / Bunny Sigler / 3:50
14. Salsoul Hustle / Salsoul Orchestra / 5:10
15. The Beat Goes On And On / The Ripple / 4:12
16. Ten Percent / Double Exposure / 3:04

Disc2
1. Falling In Love / Surface / 3:51
2. Here's To You / Metropolis Feat. The Sweethearts / 3:52
3. You're So Much Part Of Me / Carol Williams / 3:49
4. When Life Was Just A Game / Claudja Barry / 3:55
5. Right Now (I Really Feel That I Can Change Your Mind) / Keri Rightout / 5:51
6. Rapper Dapper Snapper / Edwin Birdsong / 6:37
7. It's Just Begun / Jimmy Castor / 5:50
8. Love Is Finally Coming My Way / True Example / 6:18
9. So Much For Love / Moment Of Truth / 3:35
10. I Can Be (Everything You Want Me To Be) / Flashlight / 5:36
11. Cheaters Never Win / The Love Committee / 3:55
12. This Wil Be A Night To Remember / Eddie Holman / 5:47
13. Janice (Don't Be So Blind To Love) / Skip Mahoney / 6:58
14. Ain't No Mountain High Enough / Inner Life Feat. Jocelyn Brown / 3:45

サルソウル・レーベルのコンピ盤を。
そういえばサルソウル系は全然持ってなかったなと思って買ってみました。
こうやってみてみると、アルバム単位で持ってるのってリップルとモーメント・オヴ・トゥルース、ラヴ・コミッティぐらいだ。
全然聴いてないけど(笑)。

解説読むと、東京のローカルFM、Inter FMで日曜14:00からやってる番組「ソウル・ブレンズ」の企画盤みたいですな。
ワタクシ日曜の午後は山下達郎のサンソンの次はソウル・ブレンズにチューナーをあわせております。
レギュラーの吉岡正晴さんのソウル解説が非常にタメになる良い番組です。

アルバムはロリータ・ハラウェイの軽快なDisc1-(1)、電気グルーヴの「Shangri-La」のネタ元Disc1-(2)、サルソウル・オーケストラの傑作Disc1-(14)、世界初の12インチ・シングルとして有名なDisc1-(16)と1枚目の方がこれぞサルソウルという感じですな。

レーベルとしてはサルサとソウルの融合という目的で作られたらしいですが、サルサの要素は感じないなあ。
アール・ヤングのタイトなドラムのイメージが強くてフィリーの発展型という感じはしますがここらへんどうなんでしょう。

In Yo' Face!: The History of Funk Vol.1〜5 / Various Artists

inyoface.jpg

Disc-1
1. Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine, Pt.1 / James Brown / 2:52
2. Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin) / Sly & The Family Stone / 4:46
3. I Wanna Know If It's Good To You? / Funkadelic / 2:53
4. Express Yourself / Charles Wright & The Watts 103rd Street Band / 3:53
5. Groove Me / King Floyd / 3:01
6. Get up and Get Down / The Dramatics / 3:14
7. I'll Take You There / Staple Singers / 3:18
8. Think (About It) / Lyn Collins / 3:25
9. Freddie's Dead / Curtis Mayfield / 3:48
10. Doing It To Death / Fred Wesley & The JB's / 5:09
11. Garbage Man / Family Vibes / 2:57
12. Keep on Truckin' Pt.1 / Eddie Kendricks / 3:35
13. Me and Baby BroTher?? / War / 3:35
14. Mighty Mighty / Earth, Wind & Fire / 3:07
15. Up For The Down Stroke / Parliament / 3:33

Disc-2
1. Make It Funky, Pt.1 / James Brown / 3:19
2. Family Affair / Sly & The Family Stone / 3:07
3. Future Shock / Curtis Mayfield / 3:38
4. Funky Stuff / Kool & The Gang / 3:05
5. What Is Hip? / Tower Of Power / 3:26
6. Soul Power 74, Pt.1 / Maceo Parker & The Macks / 3:05
7. For The Love of Money / O'Jays / 3:47
8. Tell Me Something Good / Rufus / 3:36
9. Person To Person / Average White Band / 3:41
10. Do It ('Til You're Satisfied) / BT Express / 3:13
11. Sexy Ida, Pt.1 / Ike and Tina Turner / 2:34
12. Pick Up The Pieces / Average White Band / 4:00
13. Shining Star / Earth, Wind & Fire / 2:53
14. Shakey Ground / Temptations / 3:21
15. Chocolate City / Parliament / 5:39

Disc-3
1. Jungle Boogie / Kool & The Gang / 3:07
2. In Time / Sly & The Family Stone / 5:48
3. Papa Don't Take No Mess, Pt.1 / James Brown / 4:33
4. I Get Lifted / George McCrae?? / 2:49
5. Cut The Cake / Average White Band / 3:39
6. Give The People What They Want / O'Jays / 3:16
7. Fight The Power, Pt.1 / Isley Brothers / 3:22
8. The Jam / Graham Central Station / 3:39
9. P-Funk (Wants To Get Funked Up) / Parliament / 3:40
10. Dance Wit Me / Rufus & Chaka Khan / 4:00
11. Sophisticated Lady (She's a Different Lady) / Natalie Cole / 3:28
12. Play That Funky Music / Wild Cherry / 3:17
13. Undisco Kidd / Funkadelic / 4:18
14. Get The Funk Out Ma Face / Brothers Johnson / 6:02
15. Funk Funk / Cameo / 4:47

Disc-4
1. If You Want Me To Stay / Sly & The Family Stone / 3:00
2. The Payback / James Brown / 7:35
3. Hollywood Swinging / Kool & The Gang / 4:42
4. Water / Graham Central Station / 4:28
5. School Boy Crush / Average White Band / 4:58
6. Give Up The Funk (Tear The Roof off The Sucker) / Parliament / 3:46
7. Shake Your Rump To The Funk / Bar-Kays / 3:33
8. Dazz / Brick / 5:38
9. The Pinocchio Theory / Bootsy's Rubber Band / 4:10
10. Got To Give It Up, Pt.1 / Marvin Gaye / 4:16
11. Slide / Slave / 3:21
12. Serpentine Fire / Earth, Wind & Fire / 3:45
13. Reach For It / George Duke / 3:33
14. L-O-V-E-U / Brass Construction / 3:41
15. Take Me To The Next Phase, Pt.1 / Isley Brothers / 4:16

Disc-5
1. Loose Booty / Sly & The Family Stone / 3:46
2. Ffun / Con Funk Shun / 3:37
3. Flash Light / Parliament / 4:33
4. Dukey Stick, Pt.1 / George Duke / 3:34
5. I Like Girls / Fatback / 3:50
6. Disco To Go / Brides Of Funkenstein / 4:07
7. Holy Ghost / Bar-Kays / 3:40
8. Bustin' Loose, Pt.1 / Chuck Brown & The Soul Searchers / 3:51
9. Shake / Gap Band / 3:37
10. Insurance Man For The Funk / Bernie Worrell / 3:59
11. Take de Funk off, Fly / Ohio Players / 4:30
12. Bustin' Out (On Funk) / Rick James / 3:59
13. I Just Want To Be / Cameo / 3:45
14. The Same Thing (Makes You Laugh, Makes You Cry) / Sly & The Family Stone / 2:41
15. More Bounce To The Ounce, Pt.1 / Zapp / 4:02

ライノ編集、70年代ファンクをコンパイルした決定盤。

JBから始まり、スライ、Pファンクにつながる王道ファンクの他にもシカゴのカーティス・メイフィールド、ステイプル・シンガーズやキング・フロイドに代表される南部産ファンク、タワー・オヴ・パワーやコン・ファンク・シャンの西海岸、ワシントンDC産、チャック・ブラウンのゴーゴー、果てはアヴェレージ・ホワイト・バンドやワイルド・チェリーの白人ファンクまで幅広く収められており、文句のつけようがありません。

残念なのはノーマン・ウィットフィールドがプロデュースしたテンプテーションズの一連の楽曲が入ってないことですが、ジェフリー・ボウエンがプロデュースしたDisc-2(14)が入ってるので良しとしましょう(笑)。
これはこれでPファンク勢が参加してより濃度アップしてるし。

ライノはいい仕事するなあ。

In Yo' Face! The Roots of Funk, Vol. 1/2 / Various Artists

rootsoffunk.jpg

1. Sookie, Sookie / Don Covay & Jefferson Lemon Blues Band / 2:45
2. Tramp / Lowell Fulson / 3:07
3. Funky Broadway, Pt. 1 / Dyke & The Blazers / 2:41
4. Some Kind Of Wonderful / Soul Brothers Six / 2:41
5. Soul Dance Number Three / Wilson Pickett / 2:42
6. Boogaloo Down Broadway / Fantastic Johnny C. / 2:35
7. Spreadin' Honey / Charles Wright & The Watts 103rd Street Rhythm Band / 2:27
8. Tighten Up / Archie Bell & The Drells / 2:40
9. Cissy Strut / Meters / 3:04
10. Everything I Do Gonh Be Funky (From Now On) / Lee Dorsey / 3:12
11. Nobody But You Babe / Clarence Reid / 2:49
12. Get Down People / Fabulous Counts / 2:36
13. Mary Don't Take Me On No Bad Trip / Fugi / 2:49
14. She's Not Just Another Woman / The 8th Day / 3:05
15. Funky L.A. / Paul Humphrey & His Cool Aid Chemists / 2:59
16. Mojo Hannah / Tamiya Lynn / 3:25
17. Crumbs Off The Table / Laura Lee / 3:36
18. Let Me Be Your Lovemaker / Betty Wright / 3:18

名コンピ「In Yo' Face!: The History of Funk」の続編、ファンクがどこからやってきたかを示唆するコンピ盤。

収録された楽曲タイトルを見ればわかるように、60年代あたりはファンクというよりはファンキーと呼ばれていたダンス・ビートだったことがわかります。
ファンキーは南部あたりで生み出されたビートで、ファンクはファンキー・ビートが都会的に洗練されて70年代に確立された音楽の一ジャンル、というイメージがあります。

本盤の雰囲気は完全にイナカっぽい楽曲ばかりで、本来ブルーズ・シンガーたるロウエル・フルソンの(2)がファンキー!
サザン・ソウルの(5)、十数年前のレア・グルーヴ・ブームでその代表的な曲として認知され、日本ではYMOのカヴァーで有名な(8)、ニュー・オーリーンズ・ファンクの立役者(9)(10)、マイアミ・ソウルの(11)、デトロイト・ビート(14)といろんなところからファンキーが発生していることがわかります。
このビートを60年代末にジェイムズ・ブラウンがまとめあげ、70年代にスライ・ストーンやPファンク集団が確立したものがファンク、そしてヒップホップにつなげていったという認識があります。

ファンキーとファンクの違いを知るのに最適な一枚。
見事なり。

Motor City Hits vol.1 / Various Artists

mch.jpg

1. Come Get to This - Steppin Out Tonight / L.J. Reynolds
2. Bad Girl / The Dramatics
3. Baby Come Close / Keith Washington
4. Could It Be That All I'm Missing (In My Life Is You) / Carla Cooke
5. Miles Away / The Four Tops
6. Step on By / Winzell Kelly
7. Nothing Compares / Quentin Dennard
8. The Hunter Gets Captured by the Game / Paul Hill
9. Leaving You / The Miracles
10. Motorcity Hits Hall of Fame / V.A.

去年リリースされてた企画モノ。
一瞥するといかにもモータウンのヒット・パレードに見えますが、実際のところはマーヴィン・ゲイの(1)、スモーキー・ロビンソンの(3)、マーヴェレッツの(8)ぐらいかな。
しかし、往年のモータウンのスーパースターたるフォー・トップス、ザ・ミラクルズが参加、さらにサム・クックの娘さんらしいカーラ・クックとスタックスで有名になりましたが、もともとはデトロイト出身のドラマティックスが参加して陣容としては十分以上。

ドラマティックスのヴォーカルたるL.J.レイノルズがいきなりブッ放す(1)で気分は最高潮。
ヴェテラン・シンガーとシカゴ・ステッパーズとの相性の良さを存分に見せつけます。
この曲は去年えらいこと話題になってましたが、どのアルバムに入ってるのかわかってませんでしたが、やっとわかりました・・・(笑)。

そして個人的にすっごくうれしいのはキース・ワシントンの(3)。
91年にデビューして、3枚の激メロウなアルバムを発表後、消息がわからんようになってましたが、相変わらずの女殺しのヴォーカルでよろしうござんした。
ひさしぶりに声を聴けてうれしうございます。
そしてプロデュースはマイケル・J・パウエル!
アニタ・ベイカーをはじめとして、80〜90年代のメロウR&Bシーンに貢献した彼ですが、ここ10年以上名前を見ませんでしたが、L.J.レイノルズが10年ぐらい前に出したソロ・アルバムにも参加してたから、ずっと行動を共にしてるのかな。
マイケルは(4)(5)(8)(10)に参加。
(4)のカーラ・クックは・・・、ま、いいか(笑)。
(5)のフォー・トップスのリードはまだ元テンプテーションズのセオ・ピープルズなんでしょうか。
(6)のウィンゼル・ケリーは知らん人ですが、なかなか歌えるシンガーでようございます。
(7)のクイントン・デナードの細いテナーでメロウに迫ります。
(8)のポール・ヒルは打って変わって渋めのバリトン。
(9)のミラクルズは・・・、まだやってたってしらなかった(笑)。
(10)はみんなで歌ってるっぽいですが・・・、まあいいか。

現在のR&Bがワタクシの嗜好から外れていくなか、古くから歌っているシンガー達がまだソウルを保っているのを感じてほっとしました。
すばらしい。

Fame Studios Story 1961-1973 / Various Artists

fame.jpg

Disc 1
1. You Better Move On / Arthur Alexander
2. Laugh It Off / The Tams
3. Night Rumble / The Mark 5
4. Everybody / Tommy Roe
5. I Hope They Get Their Eyes Full / Arthur Alexander
6. Steal Away / Jimmy Hughes
7. Let Them Talk / Dan Penn
8. Hold What You've Got / Joe Tex
9. A Man Is A Mean, Mean Thing (Alternate Take) / Barbara Perry
10. Fortune Teller / The Del-Rays
11. Funny Style / Bobby Marchan
12. Almost Persuaded / June Conquest
13. Too Much / The Entertainers
14. Keep On Talking / James Barnett
15. Searching For My Love / Bobby Moore & The Rhythm Aces
16. Wish You Didn't Have To Go / Spooner & The Spoons
17. Let's Do It Over / Joe Simon
18. Neighbor, Neighbor / Jimmy Hughes
19. Feed The Flame / Billy Young
20. I'm Your Puppet / James & Bobby Purify
21. I Can't Stop (No, No, No) / Arthur Conley
22. Gonna Make You Say Yeah / Terry Woodford
23. Two In The Morning / Spooner's Crowd
24. Why Not Tonight / James Gilreath
25. Land Of 1000 Dances / Wilson Pickett

Disc 2
1. You Left The Water Running / Otis Redding
2. A Shot Of Rhythm & Blues / Clyde Mcphatter
3. Slippin' Around With You / Art Freeman
4. Without A Woman / Kip Anderson
5. Sweet Soul Music / Arthur Conley
6. Thread The Needle (Unedited Version) / Clarence & Calvin
7. I Never Loved A Man (The Way I Love You) / Aretha Franklin
8. Miss You So / Ted Taylor
9. You Put Something On Me / Don Covay & The Good Timers
10. Tell Mama / Etta James
11. Keep Your Cool / Terry & The Chain Reaction
12. Don't Make Me Hate Loving You / Jeanie Greene
13. Cheater Man / Irma Thomas
14. Everytime / Linda Carr
15. I Stayed Away Too Long / The Wallace Brothers
16. As Long As I Got You / Laura Lee
17. Don't Lose Your Good Thing / The Blues Busters
18. Slip Away (Demo) / Clarence Carter
19. Do Right Woman, Do Right Man / Otis Clay
20. Once In A While (Is Better Than Never At All) / Spencer Wiggins
21. Thief In The Night / Ben & Spence
22. Take Me Just As I Am / Mitty Collier
23. Why Don't You Try Me / Maurice & Mac
24. Search Your Heart / George Jackson
25. Ten Miles High / David & The Giants

Disc 3
1. Lady In The Rain / Lowell Fulson
2. Hey Jude / Wilson Pickett
3. Another Man's Woman, Another Woman's Man / Unknown Female
4. Snatchin' It Back / Clarence Carter
5. I Got You Babe / Etta James
6. Wanted: Lover (No Experience Necessary) / James Govan
7. Find 'Em, Fool 'Em And Forget 'Em / George Jackson
8. I'm Just A Prisoner (Of Your Good Lovin') / Candi Staton
9. Grits And Gravy / The Fame Gang
10. One Bad Apple / The Osmonds
11. Take Me Back / Brothers Unlimited
12. I'd Rather Go Blind / Spencer Wiggins
13. Walk A Mile In My Shoes / Willie Hightower
14. Patches / Clarence Carter
15. Fancy / Bobbie Gentry
16. Double Lovin' / George Jackson
17. Greenwood, Mississippi / Little Richard
18. What Color Is Love / Roscoe Robinson
19. Bring It On Home To Me / Lou Rawls
20. I Can't Let You Break My Heart / Bettye Swann
21. Back Road Into Town / Willie Hightower
22. The Thanks I Get For Lovin' You / Candi Staton
23. Get Involved / George Soule
24. Put On Your Shoes And Walk / Clarence Carter
25. You Better Move On / Travis Wammack

サザン・ソウルを語る上で絶対外せないフェイム・スタジオ録音の編集盤。

日本のブート盤にハラを立てたリック・ホールがテープを差し止めて、フェイムの作品はもうリイシューされないのかなと思っておりましたが、キャンディ・ステイトンのリイシュー盤が出てからは他の作品もぼつぼつと出始め、このたびフェイム・スタジオで録音された、レーベルを越えた作品集がリリースされました。

59年に設立されたフェイムは最初はボロボロのスタジオだったみたいですが、61年に1(1)のヒットで儲けたカネで立派なスタジオを作り、更にフェイム・スタジオは独自にレーベルを立ち上げて、1(6)でヒットを出してからは軌道に乗り、アトランティック・レコードのウィルソン・ピケットがフェイムに送り込まれてからはメンフィスのスタックスと並ぶ南部ソウルの聖地として機能します。
とはいえ、もっとも有名なのがアトランティック・レコードに移籍したばかりのアリサ・フランクリンの2(7)に関するエピソードでしょう。
どうもマスル・ショールズのミュージシャンがセッション中にアリサにセクハラをカマしたらしく、アリサは激怒、さらにアトランティックのジェリー・ウェクスラーはアリサのレコードを完成させるためにマスル・ショールズのスタッフをだまくらかしてニューヨークに連れてきてバッキングを録音させてアトランティックとケンカ別れ、同時期に契約問題がこじれてスタックスとも絶縁してしまい、ソウル部門に有力なスタッフを失ったアトランティック・レコードは70年代にはフィラデルフィア産のソウルに転向、トム・ベルを擁したスピナーズやアーチー・ベル&ザ・ドレルズといったグループをヒットさせましたが、同時にロックにも本格的に舵を取り、この時期に契約したレッド・ツェッペリンやイエスといったグループで大成功を収めます。

この後フェイム・スタジオはソウルのみならず、そのサウンドに憧れたロック・フィールドのミュージシャン達がフェイム詣でを敢行、ポール・サイモン、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランもフェイムで録音しておりますな。
あとはオールマン・ブラザーズ・バンドももともとはここらあたりの出身で、スタジオミュージシャンをしていたと聞いておりますがどうなんでしょう。

肝心のCDの内容ですが、Disc1はいかにもアラバマないなたい南部風味満載のサウンド。
しかしDisc2の後半あたりからかなりモダン感覚が増してきて、個人的にはかなり好み。
2(25)、3(9)なんかはレア・グルーヴに通ずるモンがありますな。
で、オーティスの2(1)はフェイム録音だったのか・・・。
オーティスはずっとMG'sとやってるんだと思ってた・・・。
ウィルソン・ピケットはやっぱり1(25)ですが、3(2)はいつ聴いても吠えすぎで笑える。
ジュードもこわくて逃げ出すぜ(笑)。
あとオズモンズの3(10)はフェイムで録音してたのか・・・。
あんまり知らないグループですが、完全にジャクソン5のパクリでこれはこれでおもしろい(笑)。

フェイム・スタジオ産のサウンドを俯瞰するには最適な編集盤、かけっぱなしにするもよし、じっくり聴くもよし。

この際サウンド・ステージ・セブンとかコティリオンのボックスとか出ないかなあ。

P&P Records: Hits Hits Hits / Various Artists

pp.jpg

1. This Is The Way You Do The Break Dance / Super Coper And Clarence Breakers
2. This Is The Way You Do The Break Dance (inst.) / Super Coper And Clarence Breakers
3. Spring Rain / The Destiny Orchestra
4. Roller Rooster Rap Dance / Fresh Female
5. Schooling (Put Your Mind To The Message) / Sherod
6. New York Computer Break Dance / Stax
7. Only September / Wild Honey
8. I've Been Working / Wild Honey
9. Do The Funky Donkey / Otis Turner
10. Who's Gonna / Otis Turner
11. Big Foot Boogie / Brisko The Kidd
12. CC Crew Rap / CC Crew
13. Walking 42nd Street / Gaylord
14. The Guardian Angel Is Watching Over Us / Golden Flamingo Orchestra Feat. Margo Williams
15. Turn Up Your Radio / Kessler
16. Gangster Rock / LAnd of Hits Orchestra
17. Pound For Pound / Le'o Roy
18. Gangster Rock / Little Starsky
19. We Are People Too / Master Jay
20. Smooth Talk / Mr. Fox
21. Smooth Talk (inst.) / Mr. Fox
22. Dancing Heart / Universal Two
23. Spank Me (Vocal) / Bobby Mann
24. Spank Me (inst.) / Bobby Mann
25. Flying High (Part 1) / Cloud One
26. Flying High (Part 2) / Cloud One
27. Got To Get Your Love (Vocal) / Clyde AlexAnd? er & Sanction
28. Got To Get Your Love (inst.) / Clyde AlexAnd? er & Sanction
29. You've Been Hunchin' / La She Ba
30. A Game Of Life (Vocal) / Lavaba & E. Mallison
31. A Game Of Life (inst.) / Lavaba & E. Mallison
32. She Swept Me Off My Feet / Lil Michael
33. She Swept Me Off My Feet (inst.) / Lil Michael
34. Death Rap / Margo's Kool Out Crew
35. Sweet Naomi Rap / Naomi Peterson
36. Win Jesse Win / Stack
37. Win Jesse Win (inst.) / Stack
38. Moan For Love / Tony Gray & Beverly Lee
39. Moan For Love (inst.) / Tony Gray & Beverly Lee
40. Tricky Tee Rap / Troy Rainey
41. It's Rough / The Imperial Three
42. It's Rough (Dub) / The Imperial Three
43. We Are Making Music (Part 1) / Michael Campbell & High Volt
44. We Are Making Music (Part 2) / Michael Campbell & High Volt
45. Rapper / Mr. B
46. Super-Jay Love Theme / Super Jay
47. Family Rap / Family
48. Willie Rap / Willie Wood & Willie Wood Crew
49. We Are People Too / Master Jay
50. CC Crew Rap / CC Crew
51. Teen / Teen Machine Rap
52. Patty Duke / Cloud One
53. Dancing Heart / Universal Two
54. Death Rap / Margo's Kool Out Crew
55. Boogie Feelin' Rap / Sweet G
56. A Scoopy Rap / Scoopy
57. Super Jay (Love theme) / Super Jay
58. One Time Two Time Blow Your Mind / MC Rock Lovely
59. One Time Two Time Blow Your Mind (inst.) / MC Rock Lovely
60. Take Me I'm Yours / Mary Clark
61. New York's Movin' / Ahzz
62. Got To Be In Got To Be Out / Bernard (Rapper Dapper) Thomas
63. Got To Be In Got To Be Out (inst.) / Bernard (Rapper Dapper) Thomas
64. Fly Guy Rap / Fly Guy
65. Funk Rap (Vocal) / Ikim & Bacardi
66. Funk Rap (inst.) / Ikim & Bacardi
67. I Did It Again / Jesse Henderson
68. Did You Notice / Louise Murray
69. (Let's Just) Stay Away / Louise Murray
70. Equidity Funk / Mistafide
71. Roller Rink Funk / Shift
72. Teen Machine Rap / Teen Machine Rap
73. Dr. Ice Rap / Zoot II
74. It's So Good To Know / Best Friend Around
75. Feel The Spirit (Long Disco Version) / Foster Jackson Group
76. Feel The Spirit (Disco Version) / Foster Jackson Group
77. Long Time Ago (But I Wish Today Was Yesterday) / Smokie Brook
78. I Want To Be True / Smokie Brook
79. Freaktime / Scott Davis And The Movements
80. Freaktime (inst.) / Scott Davis And The Movements
81. Atmosphere Strut (Part 1 & 2) / Cloud One
82. Disco Juice / Cloud One
83. Charleston Hopscotch / Cloud One
84. Spaced Out / Cloud One
85. I'd Do Anything For Your Love / Dennis Mobley & Fresh Taste
86. Superstition / Dennis Mobley & Fresh Taste
87. Solid Funk / Flame And The Sons Of Darkness
88. Something / Flame And The Sons Of Darkness
89. I Believe In Love / Florence Miller
90. I'm Coming Back To Life Again / Florence Miller
91. Mini Skirt / Henry Brooks
92. The Greatest Debt To My Mother / Henry Brooks
93. Out Of Work (Vocal) / Jesse Gould
94. Out Of Work (inst.) / Jesse Gould
95. Set You Free / King David
96. Stoop Down Baby / King David
97. Hitch Hike One More Time / King David
98. A Boy From Texas, A Girl From Tennessee / King David
99. Set You Free (inst.) / King David
100. Stoop Down Baby (inst.) / King David
101. Hitch Hike One More Time (inst.) / King David
102. A Boy From Texas, A Girl From Tennessee (inst.) / King David
103. Stoop Down Baby (inst.) / King David
104. Hitch Hike One More Time (inst.) / King David
105. Ain't Gonna Be A Next Time (Short Version) / Magnetic Touch
106. Ain't Gonna Be A Next Time (Long Version) / Magnetic Touch
107. Going To A P&P Disco Party / Mancefield Hitchmon
108. Dance, Dance, Dance (Disco Version) / Marta Acuna
109. Dance, Dance, Dance (D.J. Version) / Marta Acuna
110. Charlie's Angels (Disco Version) / Oral Caress
111. Why Can't Our Love Be Like It Was Before / Oral Caress
112. Love Fantasy (Reason To Live) / Oral Caress
113. You Gave Me Love / Oral Caress
114. Hooker (Part 1) / Peter Brown
115. Hooker (Part 2) / Peter Brown
116. Ain't It Time (Vocal) / Queen Yahna
117. Ain't It Time (inst.) / Queen Yahna
118. It's Party Time Part 1 / Sentimental Souls
119. It's Party Time Part 2 / Sentimental Souls
120. Long Time Ago (Vocal) / Smoky Brooks
121. Long Time Ago (inst.) / Smoky Brooks
122. Funky Thing / Sons of Darkness
123. Funky Thing / Sons of Darkness
124. What It Looks Like / Sons of Darkness
125. Black Ice / Sons of Darkness
126. Atmosphere Strut Remix / Cloud One
127. Atmosphere Strut Remix / Cloud One
128. Dust To Dust / Cloud One
129. Doin It All Night Long / Cloud One
130. Jump Jump Jump / Cloud One
131. Funky Track / Cloud One
132. Happy Music / Cloud One
133. Stomp Your Feet And Dance / Cloud One
134. Music Funk / Cloud One
135. Happy Music / Cloud One
136. I'm Gonna Fool You! (Vocal) / Ella Hamilton
137. I'm Gonna Fool You! (inst.) / Ella Hamilton
138. Here's To You (Vocal) / Ella Hamilton
139. Here's To You (inst.) / Ella Hamilton
140. Life Time / High Fidelity
141. Dedicated / High Fidelity
142. Love Champ / High Fidelity
143. From Us To You / High Fidelity
144. Destiny / High Fidelity
145. Magic Carpet / High Fidelity
146. Queen Constance Theme / Joyce Jones & Velma Jones
147. Remember Me / Joyce Jones
148. Stump Your Feet & Dance (Vocal) / Kim Taylor
149. Stump Your Feet & Dance (inst.) / Kim Taylor
150. Hook On Your Line / L.J. Waiter
151. Hook On Your Line (inst.) / L.J. Waiter
152. African Rock / Licky
153. African Rock / Dream Lovers
154. Going To A Disco To / Little Scotty
155. Going To A Disco To / Little Scotty
156. Robot Dance / Marvin Wright
157. Funky Phantom / Marvin Wright
158. New York Apple Jack (Vocal) / Scott Davis And The Movements
159. Looking Out (Vocal) / Scott Davis And The Movements
160. A Better Place / Scott Davis And The Movements
161. New York Apple Jack (inst.) / Scott Davis And The Movements
162. Looking Out (inst.) / Scott Davis And The Movements
163. Boogie Feelin' Rap / Sweet G
164. Boogie Feelin' Rap (inst.) / Sweet G
165. Queen Constance Theme / Joyce Jones & Velma Jones
166. Remember Me / Joyce Jones
167. Searching For My Lover / Velma Jones
168. Dance To The Beat Freakout / Wayne Ford
169. The Best Thing In Life / Wayne Ford
170. I'm A Shadow / Milton Floyd
171. Anyway I Can / Milton Floyd
172. Rhapazooty In Blue (Vocal) / Sicle Cell & Rhapazooty
173. Rhapazooty In Blue (inst.) / Sicle Cell & Rhapazooty
174. I Wanna Keep Somebody Happy / Eddie Owen
175. Determination / Eddie Owen
176. Alone / Eddie Owen
177. Mrs M / Eddie Owen
178. Shake Off That Dream / Eddie Owen
179. Dance Freak / Chain Reaction
180. Shout at the Disco / Little Scotty
181. Roll at Disco / Little Scotty
182. I Want To Dance / Little Scotty
183. Acid Freak / Little Scotty
184. Get Down / Rudy Stuart
185. One And Only Lover / Rudy Stuart
186. A Scoopy Rap / Scoopy
187. Willie Rap / Willie Wood & Willie Wood Crew
188. Let's Do It / Jesse Gee
189. Got You Dancing (Vocal) / Karisma Feat. Jocelyn Brown
190. Got You Dancing (inst.) / Karisma Feat. Jocelyn Brown
191. Jingle Beat / Tuf MC's
192. Hip Shaker (Vocal) / Two Hype
193. Hip Shaker (inst.) / Two Hype
194. Don't Let My Rainbow Pass Me By / Cloud One
195. Chill Out / IOU
196. God's Greatest Gift To Man Is A Woman / Margie Lomax
197. God Save And Protect The Children / Margo Williams

Disc 2 (12inch Single)
A. Equidity Funk / Mistafide
B. Serato Control Tone (10 mins)

Disc 3 (12inch Single)
A. Don't Let My Rainbow Pass Me By / Cloud One
B. Serato Control Tone (15 mins)

パトリック・アダムスとピ−ター・アダムズが興したP&Pレーベルの作品集。
パトリック・アダムスといえばスウィートというイメージがありましたが、この手のライト級なファンクもやってたのね。

このリイシュー盤の画期的なところは、まずDVDに2.64GBの320kbpsで圧縮したMP3データを、更に同内容の4.96GB、6.58GBのWAVデータをDVD2枚に収録、そして更に更に12インチシングルを2枚つけて所有欲を持たせてること。
収録時間にして19時間32分ぶんのデータをまともにCDに全部収録したら16枚組になるのか。
一枚2,000円として、16枚だと32,000円だ。
それがおまけつきで7,500円は破格だぜ。
1/4の価格か。
DJとPCユースを前提にして、CDプレーヤーの立場をシカトしてるのがスゴイ(笑)。
もうDJもPC-DJがいっぱいいるしなあ。

197曲ぶんをiPodに入れて通勤途中に延々聴きましたが、70年代末〜80年代アタマぐらいのアンダーグラウンドなファンクが中心で当時勃興期のシュガーヒル・レーベルもんがもっと安くなったかんじの曲がグチャグチャッと入っており、収録曲のラップものの多くがイントロのベースがシックのグッド・タイムスをパクっておりますが、こうして見ると、シュガーヒル・ギャングの「Rapper's Delight」は当時のアンダーグラウンドの黒人にとって相当衝撃的だったんだろな。

あとはとりあえずシルヴェッティのカヴァー(3)がやすくてスゴイ(笑)。
のっけの弦のチューニング狂ってるんじゃないのか?と思わせるのがいいな。
そして(7)に至ってはヴォーカルからギターからすべての音程が狂っているとしか思えない。

音源はいちおうリマスターされてるみたいですが、その恩恵には・・・、あまり預かれてません(笑)。

この作品の意義はアンダーグランド・ファンクを掘り起こしたことと、今後のリイシューのスタイルになるかどうかということに尽きますが、これからどうなっていくかが楽しみです。

このフォーマットに追随するところはあるのか?????

添付ファイル: filepp.jpg 1267件 [詳細] filefame.jpg 138件 [詳細] filemch.jpg 1034件 [詳細] filesugarhill2.jpg 1963件 [詳細] filesugarhill1.jpg 2078件 [詳細] filechicano2.jpg 3885件 [詳細] filebestsalsoul.jpg 1142件 [詳細] filegwc2.jpg 620件 [詳細] filechicano.jpg 628件 [詳細] filesg.jpg 1733件 [詳細] filerootsoffunk.jpg 422件 [詳細] fileinyoface.jpg 174件 [詳細] filenjsgold.jpg 271件 [詳細] fileimpeach.jpg 5305件 [詳細] filenjs4.jpg 2127件 [詳細] filenjs3.jpg 2036件 [詳細] filenjs2.jpg 2265件 [詳細] filenjs1.jpg 2110件 [詳細] filemobetter.jpg 4274件 [詳細]